最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:Sankei WEB

水深約100メートルの海底で見つかった多数の脚を持つヒトデ(アルフレッド・ウェゲナー研究所提供)
水深約100メートルの海底で見つかった多数の脚を持つヒトデ
(アルフレッド・ウェゲナー研究所提供)


近年の気温上昇の影響で崩壊し、多くが消失した南極のラーセン棚氷に覆われていた海域で、12本の脚を持つヒトデや深海性の魚、新種とみられる甲殻類など珍しい生物を多数発見したと、ドイツやオーストラリアなどの国際研究チームが25日、発表した。
数年で生態系変化、進む温暖化に警鐘

 大規模な棚氷崩壊により開けた海域の初の本格的な生物調査で、ほとんど知られていなかった氷の海に暮らす生物の姿が明らかになった。また、棚氷が失われてから5~12年しかたっていないのに、深海で見つかる生物が浅い層に上がってきているなど、崩壊により生態系が予想を超える速度で変化していることも判明。研究者は「温暖化が進めば崩壊範囲が広がり、南極周辺の海の生態系に大打撃を与えるだろう」と警告している。

 研究は、国連などが10年計画で進める「海洋生物センサス」の一環。14カ国の研究者がドイツの観測船に乗り組み、今年1月に調べた結果、ゼラチン状のホヤやコオリウオの仲間、長い脚を持つヒトデ、深海に多いナマコの一種などを確認。これらの生物が比較的浅い海にまで生息範囲を広げていることが分かった。採集した1000種を超す生物の中には、体長10センチ近いヨコエビの仲間の甲殻類など、少なくとも30種の新種とみられる生物が含まれていた。

 同チームのアルフレッド・ウェゲナー極域海洋研究所(ドイツ)のジュリアン・グート博士は「棚氷の下の生態系は調査が難しく、分からないことばかりだった。温暖化など環境変動の生態系への影響を知る上で貴重なデータだ」としている。

 
予想超える速さ

国際研究計画「南極海洋生物調査プログラム」のマイケル・シュトダート博士の話「棚氷の崩壊で強い光が差し込むようになって植物プランクトンが大発生し、これをきっかけに生態系の変化が急激に進んだと考えられる。多くの科学者の予測を超える速さで起こっているようだ。これが広がれば南極の生態系が大きな影響を受けることが懸念される」

棚氷 南極大陸上から押し出された氷が海上に張り出し、表面が平らな台地状になった氷。南極半島周辺では1974年以降、1万3500平方キロもの棚氷が崩壊したとされる。ラーセン棚氷もその一部で、崩壊は10年ほど前から続いている。周辺では1940年代に比べ約2.5度の気温上昇が観測されている。棚氷の消失は大規模な海面上昇を招くと指摘されている。

別の海底で発見されたコオリウオの一種
別の海底で発見されたコオリウオの一種

不気味なタコ
不気味なタコ

ヒトデ、甲殻類の一種、枝状に伸びる固着性生物?がいる
ヒトデ、甲殻類の一種、枝状に伸びる固着性生物?がいる

ヨコエビの一種
ヨコエビの一種

ナマコの一種と思われる生物群
ナマコの一種と思われる生物群



おらわくわくしてきたぞ!(^∞^)
…と言いたい所だけど、結構大変らしい。

要するに、

21 :名無しのひみつ :2007/02/27(火) 05:02:58 ID:iZiD1BIK
棚氷は温暖化が進んだときに環境変化が一番先に兆候として現れる場所だと言われていて、それでも今後数百年は消えないだろうというのが科学者の定説だったんだが、一瞬で消えてあわててる真っ最中w

22 :名無しのひみつ :2007/02/27(火) 05:06:25 ID:iZiD1BIK
コップにいれた氷は外側から徐々に解けていくから熱湯にいれてもそれなりに時間がかかるというのが科学者の予測だったわけだ。
しかし実際は大陸規模の巨大な表面が解けて水溜りが出来てそれが下に沈みこんでいく。
氷の中に巨大な運河とか湖を形成する。
縦横無尽に穴だらけになった氷はあっというまに崩壊してしまう。

と言うことみたいです。
確かに、今年の冬は異常(去年もだけど)だ…。
正直、温暖化問題もうどうしようもない所まで来てるんじゃなかろうか…(-∞-)
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
02/27|UMA/幻獣/巨大生物コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
この記事にトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます
2015/09/21(Mon) 20:09:14 | 
この記事にコメント
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。