最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:47NEWS
■引用:WWF

ボルネオ島などに生息の大型のネコ科動物 新種と確認
写真はウンピョウ(雲豹)と誤認されていた大型猫科動物

東南アジアのボルネオ島やスマトラ島に生息し、これまでインドシナ半島や中国などにすむウンピョウ(雲豹)と同種と思われていた大型のネコ科動物が、全く別の新種であることが分かったと、世界自然保護基金(WWF)が14日発表した。
ボルネオ島などに生息の大型のネコ科動物 新種と確認2
写真はウンピョウ(雲豹)

WWFによると、米国立がん研究所による遺伝子の解析では、インドシナ半島のウンピョウと40カ所も配列が異なっていた。同じネコ科の中ではライオンやトラ、ジャガーの間と同程度の違いだという。本土の種とは約140万年前に枝分かれして、別種に進化したとしている。

別の科学者グループは毛皮の模様などを詳細に比較。色合いが暗く、体表の雲の模様が小さく、独特の斑点があるなど、明らかに違いがあるとしている。ボルネオ島に5000-1万1000匹、スマトラ島に3000-7000匹生息しているとみられる。


う~む、確かに似ている…パッと見じゃあ間違えるのも無理はない…?
と、思っていたらWWFのサイトを見てみると
「今までこの違いに気づかなかったのは信じられない」と書いてありました。
う~ん…まあ、熱帯雨林で見たらわかんないしね。


以下アダム・トマーシェクさん(WWFのボルネオ・スマトラ担当の人)のコメント。

アダムさん「だれが、ヒョウがガラッと変わることができないと言いましたか?」

ちょww誰がうまいこと言えとwww
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
03/15|UMA/幻獣/巨大生物コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。