最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:YOMIURI ONLINE

馬と馬曳く人、セットで出土…大阪の待兼山古墳、埴輪復元
写真は大阪の待兼山5号墳で出土した馬曳人形と馬形埴輪

大阪府豊中市の大阪大構内にある待兼山(まちかねやま)5号墳(5世紀末)で、最古級の馬を曳く人物形と、馬形の埴輪(はにわ)がセットで出土し、20日、同大学が発表した。
2005年度の調査で、直径15メートルの円墳の周溝から埴輪片約5000点が出土、馬曳人形と馬形埴輪の破片はまとまって見つかった。

復元した結果、馬曳人形(高さ64センチ)は左手を上げて手綱を曳き、顔に入れ墨を線で刻んでいた。

馬形(高さ78センチ、長さ98センチ)は鞍(くら)やひづめなど細部まで表現されており、福永伸哉・大阪大大学院教授(考古学)は「大型前方後円墳の出土品と比べても遜色(そんしょく)のない出来栄え。新しい習俗の乗馬を取り込んだ埴輪の祭りが、広く浸透していたことがわかる」。


こ、これぞはに丸とひんべえ!!(^∞^)
…といっても何人わかるのだろう…(=∞=)

■関連:矢が刺さり、血を流したシカの埴輪
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
03/21|民俗学/考古学/遺跡コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
はに丸懐かしいなー
From: 名無し * 2007/03/21 20:33 * URL * [Edit] *  top↑
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。