最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
iconiconコワイ女icon
監督 : 雨宮慶太
出演 : 中越典子 , 豊原功補 , 小林裕子


このDVDをレンタルするicon

<ストーリー>
ホラーの枠を超えた特異な活躍で知られる3人の鬼才監督が、究極の恐怖に挑んだオムニバスホラー。雨宮慶太監督、中越典子主演の『カタカタ』、鈴木卓爾監督、柄本佑主演の『鋼』、豊島圭介監督、目黒真希主演の『うけつぐもの』の3話を収録。

思いっきりパッケージ借りしてしまったこの作品「コワイ女」。
内容は「コワイ女」がテーマの以下の3部作。

「カタカタ」
結婚を控えた加奈子(中越典子)は、婚約者と会った帰り道で"カタカタ・・・・"という奇妙な音を聞く。その直後、マンションから何かが落下し彼女を直撃。さらに帰宅した彼女を待ち受けていたのは、赤いワンピースを着た異形の女だった…。

「鋼」
自動車整備工場で働く関口(柄本佑)は、工場の社長(香川照之)の妹とデートすることになる。写真で見る限り、彼女は笑顔がまぶしい美女だったが、約束の日に関口が社長の家を訪ねると、ズタ袋をかぶった人間が一心不乱にミシンを踏んでいた…。

「うけつぐもの」
母の冴子(目黒真希)と共に、祖母の住む田舎の民家に越してきた道男(須賀健太)。彼は鴨居に並んだ遺影の中に、まだ幼い少年の写真を見つける・それは7歳で行方不明になった冴子の兄・正彦のものだった。その頃から冴子の様子が徐々におかしくなっていく…。



まず、最初の「カタカタ」。
これはもう完全に女優さんの演技勝ちって感じ。
最初の登場シーンでアレだけ顔で怖っって思わせられるのはすごい。
ただ、その折角の怪演が特殊メイク&CGを使うことによって逆に陳腐に見えてしまって途中で笑っちゃいそうになったのがオシイ。ここは素の顔・演技で行ってほしかったなぁ。
話のストーリー、映像も良かったし、この『コワイ女』の中で"コワイ"部分で一番面白い。


次の「鋼」。
これはもう、新しい可能性が見えた気がする。と言うか、ホラーですらないのかもしれない。
どこかコミカルで、キモくて、エロくて、可愛い。
ぎゅっと抱きしめたくなるような気もするけど、いやいやこれはないと思うような、訳の分からない感覚に陥る。
ポルポルのAAが出てきそうだけど、これは是非見て体感してほしい。
ちなみに鋼の中の人はこんな人。いい脚してますw


さて、最後の「うけつぐもの」。
これは、まっとうなジャパニーズホラーです。
雰囲気もストーリーもまとまっているんだけど、ただ、それ故にこの中では一番面白くない。上の2作に比べると冒険心が感じられなくて、残念。
演技とかは悪くないけど、綺麗過ぎるのがリアリティを無くしている気がする。


全体的に面白いです。借りて損はないと思います。
ただ、「カタカタ」は、女優霊~貞子~伽椰子と進化してきた幽霊のイメージから抜け出れないところが残念。

「うけつぐもの」は同清水崇監督が呪怨から方向転換した輪廻と同系統なんだけど、こっちも既存のものから抜け出れていないと思う。
それほどまでに呪怨のインパクトが強かったって事なんだろうけど…。

その中でオリジナリティあふれていたのが「鋼」。
「カタカタ」と「うけつぐもの」は一週間たてば忘れちゃうだろうけど、「鋼」は頭の隅っこにずっと残ってると思う。
「鋼」には『呪怨シンドローム』を打ち破る鍵が隠されている様に思えてならない…ってのは言いすぎかな?w
でも、ホラー映画の1つの頂として完成された『呪怨』を打ち破るには、これくらいインパクトがある作品じゃないとダメなのかもしれない。

予告動画はコワイ女公式サイトから見れるので、是非どうぞ。
■映画『コワイ女』オフィシャルサイト

コワイ女 スペシャル・エディション コワイ女 スペシャル・エディション
中越典子 (2007/03/07)
キングレコード

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
03/22|オカルト/ホラー映画コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。