最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:民俗学・神話学@2ch掲示板

1 :時計屋 :02/09/18 03:25
有名な所で、安陪晴明の式神とかありますけど、これこそ一番だと思う呪術はなんですか?実践方法も載せていきましょう!

2 :天之御名無主 :02/09/18 03:43
呪いなんか信じている奴は人生の敗残者。
戦いたい相手がいるんなら、もっと現実的な方法を考えろよ。

3 :天之御名無主 :02/09/18 03:46
>2
呪いは呪術の一部にすぎないんだが。
4 :天之御名無主 :02/09/18 03:48
なんだ、呪いと呪術って違うのか?

5 :天之御名無主 :02/09/18 03:55
>4
違うよ。
まさか安陪晴明が人をのろっていたとでも?

6 :天之御名無主 :02/09/18 04:22
>>5
呪いってのは恨みを持って的要素を含むって事でいいの?
呪術は何かを縛るって事かな?
呪術の中でマイナス方向の物を呪いと呼ぶのか?

7 :コピペ:02/09/18 04:29
呪術

超自然的な方法によって、あるいは神や精霊などの超自然的存在の力をかりて、意図する現象をおこそうとする行為、信仰、観念の体系。英語のマジック(magic)の訳語で、ほぼ日本語の「まじない」にあたる。マジックの訳語にはほかに、奇術、魔術があるが、人類学や宗教学ではもっぱら呪術という言葉をもちいる。

個人や社会に益をもたらす、生産的・防御的なものを白呪術、人々に災いをもたらす、破壊的なものを黒呪術とする分類もある。黒呪術は邪術や妖術(ようじゅつ)とよばれることもある。人類学では、邪術と妖術を区別する。邪術はだれかに害をあたえようと意図的におこなう呪術であり、妖術は相手を傷つけようという自覚的意志がなくても、妖術師に内在する神秘的な力が相手を病気にしたり殺したりするものである。

8 :時計屋 :02/09/18 07:55
どうして、呪う=呪術と解釈されるようになったんだろう?
例えば、陰陽道の場合でも、人に害を与えるような事は主ではなく、彼らは、卜占や天候を占う事が主な仕事だったし。
まあ、朝廷が『~討伐』とか戦争になると、密教関係なんかは、一斉に調伏祈願を始めたらしいけど。太平洋戦争の時も祈祷の儀式が行われてたはず。

9 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/18 07:57
丑の刻参り
元々は夜中に人知れず参拝し、その際神木に釘を打ち付けたもの。鎌倉時代には高僧も行う祈願法であった。
しかし神木を傷つける事に対する罪悪感から室町時代には呪詛の法と見なされるようになり、江戸期に今の形となって現在に至る。

10 :天之御名無主 :02/09/18 15:05
>>2の『呪い』って『まじない』って読んでるのかと思ったよ

13 :天之御名無主 :02/09/18 23:35
いつも思うんですが、「相互乗り入れ」はどこまで可能なんでしょうかね?
日本には世界・時代に無頓着に呪術が紹介されているけど、それって効果があるのやら無いのやら。

14 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/18 23:42
>13
平田篤胤なんか江戸時代後期に妖怪除けの呪いとして「アブラカタブラ」を紹介していますよ。ロンドンで病除けに使われていたものと同じ、古代ユダヤの呪術。
当時の人間は物理的に効くと思っていた訳ですから、今でいえば米国製の薬を日本で使うようなもの。

16 :13:02/09/19 00:22
>>14
なるほど、「信じれば効く」んですな。

17 :天之御名無主 :02/09/19 00:31
>13
実際に効果があるかどうかといった話になると、オカルト板の領域になってしまいますが

☆★魔術☆★
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1030554800/l50

少なくとも、黄金の夜明け団系の西洋魔術の体系では、魔術の力は魔界にのみ作用し、現実の世界では現実の力しか作用しないことを肝に銘じよ、と強調されています。

20 :天之御名無主 :02/09/19 00:58
>>14
初めて知った。なんか面白い。

21 :天之御名無主 :02/09/19 02:01
>>18
プラシーボも然り。
多くの場合呪術、呪(まじな)いに於いては、それを「かけた」とされる側より、「かけられた」とされる側に効果の有無を決定する鍵があります。
両者が同一の価値観・文化圏内に在る者同士であればそれはより顕著なものとして具象化します。
 この2つの相互関係は内因的な呪(しゅ)と外因的な呪という言葉で顕せるかと。

25 :天之御名無主 :02/09/19 15:04
「資格」はどうなんでしょうか?
真言とかだったら、お坊さん。聖句だったら、神父さんや牧師さんじゃないとダメな感じがするんですが。

28 :コピペ:02/09/20 14:12
西洋魔術は現実に直接干渉することを主目的とはしていないので、仙道や気功で考えられるような莫大な「気」を操作する機会はあまり多くありません。
むしろ霊的なイメージを導く意志力や想像力が重視されます(気功で言えば内功が主体とでも言えましょうか)

そういうことを踏まえた上で申しますと、西洋魔術の「中央の柱」という修行と、東洋の「小周天」「大周天」とはかなり似ていると思います。
ただ、そうして集めたエナジーは魔術においては心霊的な領域で行使される場合がほとんどで、「気」を練って直接治療や武術に使う東洋の技術に相当するものは西洋ではまだ整備されておりません。
(武術気功を西洋魔術に応用しようと研究している魔術師は多いようです)

30 :時計屋 :02/09/24 00:35
そういえば、逆真言ってのがあると聞いたのですがどんな物なのでしょうか?
真言を逆から読むんでしょうかね?

31 :天之御名無主 :02/09/24 01:04
>>30
よぉわからんが梵字単位で逆に読むんじゃなかろうか。
般若心経の逆さ読みってのもあったね。

32 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/24 07:52
十二支を逆さに読んで真言を唱えるという呪いもあります。(修験系)

33 :時計屋 :02/09/25 03:07
逆さってのは世界的に古来より縁起が悪い物のようですね。
確か悪魔を召喚すると教会を反時計回りに一周する方法があったはず…。
けれど、逆柱ってのもあるよなあ…。こっちは、完全な物は良くないって
理由で日光東照宮の建物に使われてたはず…。

>31-32
どんなものなんですか??

34 :A:02/09/25 04:03
呪術の定義なんですが、エヴァンスプリチャードの社会人類学なんかだと、妖術と呪術との間に明確な区別があって、前者は所謂ウィッカで不随意の生得的特質によるもの、後者はテクニカルで純粋に精神的な行為だということになってます。アザンデ族の研究から他の社会へも適用されてた概念。

35 :31:02/09/25 04:39
>>33
えーっとね、図説日本呪術全書に載ってたと思うんだけど…あったあった。
162ページ(<<>>内は漏れのコメントです)

修験道では調伏儀礼の特定の手法がたくさんあるが、種字(梵字)の書き順でも調伏にもなる。たとえば、「ボロン日」(梵字の※<<ボロン字>>)を用いて日の形にしたもの、次ページ参照<<図省略>>の字を順に書けば息災であるが、逆から書けば調伏になる。陀羅尼の真言も逆から唱えれば、調伏と関係する。

167-168ページ「離別法」
良縁があれば、悪縁もある。別れたくても別れてくれないという者の悩みに答えるべく、昔の行者は次のような離別法を編み出している。"~中略~"そして朝日に向かって『般若心経』を逆から読む。逆読の方法は西欧の黒魔術とも共通する。読誦の回数は七回。"~後略~"

両方とも「修験道系の呪術」の章にありました。山野さんのと共通しますね。
あと、真言を逆から云々ってのは加門七海の東京魔方陣で読んだ記憶があります。

36 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/25 10:53
>33
兵庫県の伝承。干支を逆に唱えてアビラウンケンソワカと三度唱えると夜物(広島県でいうマドーの様な夜の妖怪の総称か)をその場に捕縛出来る。但しそのままだと夜物が往生してしまうから干支を普通に唱えた後アビラウンケンソワカと三回唱えて開放してやる。

37 :時計屋 :02/09/25 23:42
>>36
夜の妖怪は、やっぱ、式鬼や狗神のように使用する物なんですかね?
そもそも、マドーってどんなものなんですか?

>>35
なんか、そうとう恐ろしいものらしいと聞きましたがほんとなんですかね??

>34
んー。難しいけど、簡単に言うと呪術ってのは、他人を不快にさせるような物は含まないって事になりますかね?

所で、陰陽師の唱える呪は、基本的には神道の物なんですか?
道教の流れを汲むってのは、聞いたけれど…。

38 :31:02/09/25 23:47
こんなん見つけた。結構面白かった。
http://www.h3.dion.ne.jp/~chakra6/sa_na/onmyo.htm

39 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/25 23:53
>37
漠然とした「もののけ」のようです。エンコウや小豆洗いのような具体性を持たない。

40 :時計屋 :02/09/26 00:18
>31
んー。難しいですね。やはり結局のところ陰陽師は、卜占や暦法が主な仕事のようですね。
風水に近いように思えてきました。さしずめ様々な宗教のいいとこ取りって事ですか。
それにしても、TVに出てくる石田某氏は言霊を使ってるように見えましたがあれは陰陽師になるんですかね?

41 :天之御名無主 :02/09/26 00:29
>>40
強いて陰陽師と言うなら、律令時代のそれでなくて室町期以降の私度陰陽師かと。
もしくは祈祷師と言った方がしっくりくる。

42 :時計屋 :02/09/26 19:58
いままでの事を総合的に考えると、陰陽師より、修験道や密教、神道の方が、実践的な呪術を行っているようですね。
安陪清明は元々のポテンシャルが高かった事になりますね。

ところで、皆さんが最も恐ろしい効果が望める呪殺系の物はなんでしょうか?
僕は、巫蟲や狗神が相当恐ろしいと思うのですが…。

43 :天之御名無主 :02/09/26 21:07
呪(まじな)いは、その行為ともたらされる結果との因果関係を認識してない相手には効かないよ。呪いは彼我双方の間で同様の方法論に則りフラグ立てを行って結果論を判じ合うもの。
類感の認識を異にするものの間では成立しない場合がままあるもの。

45 :天之御名無主 :02/09/28 23:35
>>43
と、いうことは。
全く相手に悟られずに呪っていても効果は無いのでしょうか?

そんなら、「密かに呪う」というのはムリがあるんですねえ。

46 :時計屋 :02/09/29 13:23
>45
逆のプラシーボ効果って奴ですね。
となると、誰にも見られてはいけないって奴はどうなんでるんでしょうね?
丑の刻参りなんか、誰にも見られてはいけなかった筈…。
痕跡が残るけど。

48 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/29 13:39
>>46
>>9を読んで下さい。元々呪いじゃありません。

49 :時計屋 :02/09/29 21:04
>>48
んー。じゃあ、五徳を逆さにかぶって五涜にするとかってのは、後からできた付けたしみたいなもんなんでしょうか?
後、房な質問で申し訳ないですが、祈願法とはなんなんでしょう?
護摩とかと同じ?御神体はそのまんま神木って事になるんですか?

50 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/29 21:51
>>49
宇治の橋姫の「異形」の扮装に習ったんじゃありませんか。祈願法については釘を打って己の望みを語る、といったところだったのでしょうが詳細不明。
「平家物語」には神木のウロの中でダキニ天に祈る場面がありましたがこちらもどういう意図があったものか。それこそ論文が書けそうです。

51 :時計屋 :02/09/30 01:12
>>50
レスどうもです。ダキニ天と言ったら、密教でも結構、危険な部類に入ると思うのですが、確か「いざなぎ流」はダキニ天に祈るはず?やはり、邪法の様な気もしますが…。良くわかんなくなっってきた…。

52 :天之御名無主 :02/09/30 01:42
http://ich.jp.vu/
論語もかつて呪術でした

53 :天之御名無主 :02/09/30 06:20
>>51
では正法とは何か。
どちらも主観的に「気」がするだけで変わんないよ…。

54 :山野野衾 ◆NDQJtGoM :02/09/30 08:27
>>51
いざなぎ流はダキニ天じゃなかった筈ですが…。

55 :天之御名無主 :02/09/30 09:53
オキーフなんかの定義だと呪術には薬物を盛ったり、それこそブッシュガンで襲撃したり、放火したり罠を仕掛けたりすることも含まれる。ここで再三負のプラシボ説が言われてるわけだけれどもそれって厳密には呪術ではなく、民間魔術の心理主義的解釈にほかならない。

56 :天之御名無主 :02/10/05 03:58
現代人が一番なじみ深い呪いと言えば「シカト」。

60 :天之御名無主 :02/10/06 23:47
呪い方にも色々あるが、100%効くというヴ-ドゥーのヤツが一番やばい。
まず、呪いの標的の家に生まれた赤ん坊をさらって呪術師に渡す。
呪術師はそれを八つ裂きにして土に埋めて呪文を…って 犯 罪 だ ろ ! ?

61 :天之御名無主 :02/10/06 23:58
ハイチのヴードゥー教徒は自分達のことを正統なキリスト教信者だと思ってるんだが。

62 :天之御名無主 :02/10/07 23:26
そりゃ生まれたばかりの子供をさらわれて、そんなコロされ方すれば手を触れられなくっても、具合悪くなるわな。

64 :天之御名無主 :02/10/20 02:45
ところで>60の呪い、天涯孤独の独身者や子供の出来ない家庭にはどうやって掛けるのかな。

71 :天之御名無主 :02/12/01 00:21
呪術書とかで、和訳で呪が書いてあるのが疑問なんですが…音にも呪的効果があるのなら原語でなければ意味がないのではないでしょうか…?

72 :天之御名無主 :02/12/01 01:25
>>71
クロちゃんは音の記録も取ってる。エノク語で。
CD買え、見つけるのは苦労すると思うが。

75 :天之御名無主 :03/01/11 00:25
エノク、ルーン、だけが魔術言語ではないとも思うのだが……ルーンは文字そのものに魔力があるとか言うが、なんつーかルーン信者が多すぎる気がする。

76 :天之御名無主 :03/01/11 02:33
以前なんかの怪しい本でサタン召喚の呪文を見たんだが忘れた。
知ってる奴いない?エコエコでもエロイムでもなかったんだが。

古代ヘブライ語も魔法言語だよ。

78 :天之御名無主 :03/02/11 02:28
符術は「誰でもある程度出来る」という恐さがあるとされている。
言語や印の問題を超えて符そのものの力が結構強調される。

その割に符はいまいち効かない・原義に遠いと言われがち。
一般に流通してる符って多少書き換えられているのかね?
それを言えば呪文の類も同じかもしれないけど。

79 :天之御名無主 :03/02/11 02:46
魔法言語かどうかしらんが言霊信仰は世界各国にあるよな。
アラビア語もヘブライ語もサンスクリット語も古代日本語もエンヤで有名なアイルランドのゲール語やインディアンやアイヌ人などの古い言語はほとんどが言霊信仰を昔はもってて、魔力のある言葉や災いをもたらす危険な言葉や祝福をもたらす聖なる言葉があってそれがわずかに今に伝わるわけだ。

80 :天之御名無主 :03/08/10 13:05
自分に対して意味があるならば、現代語も呪文たり得るよなー。

なんでもいいんじゃないかな?
古いのは伝統があるからみんな使いたがるわけで相手に内容が伝わらないから微妙に精神的優位に立ったり、魔術って精神的優位に立つのが全てという印象がある。

81 :初めまして :03/08/18 12:39
道具を何も使わずに、人を殺す呪術法はあるんでしょうか。
呪いの資料を集めてて。
知ってる方いたら教えてください。

88 :天之御名無主 :04/05/07 21:03
魔術から科学は生まれたのだ!

数学も、化学も物理学薬学も魔術、錬金術からなのだ!
ところで魔術王をソロモン王が最強だと思うのですが?

神を崇拝する人間が悪魔を酷使しちゃいかんよな?

89 :天之御名無主 :04/05/08 21:31
天子様は今でも日本を守護するための呪術をされてますよ。

90 :天之御名無主 :04/05/31 12:13
>>88
酷使しちゃいかんといってるのか、悪魔を使っちゃ遺憾といってるのか。

91 :天之御名無主 :04/07/08 04:39
真言を逆さに読むってのが解らん。

オン アビラウンケン ソワカ

を逆にはどう読む?

日本語、ヘブライ語ラテン語、みんな逆さに読むフィーリングは違うと思うが…どうよ?

93 :31:04/07/08 18:52
>>91
梵字単位だと思う。

と一昨年の俺が言っている。

95 :天之御名無主 :04/08/10 19:19
「魔法言語」というのはファンタジー小説の概念なのでしょうか。
面白いですね。日本民俗学でいう「唱えごと」とラテン語などのいわゆる「聖なる言語」の中間的な概念のようですね。実際には存在しなさそうだけど。

96 :天之御名無主 :05/02/26 00:38:57
西洋の魔女伝説もここで語っていいんですよね?

97 :天之御名無主 :05/02/28 20:29:28
「世界」だからな。
アラブでもアフリカでもインディオでも中華でも何でもいいんじゃない?

98 :96:05/03/01 22:06:07
じゃ、書こう。

魔女が薬草や予言に詳しいのは「全世界の女性呪い師」に共通だろうか?

魔女は「伝説」ではなく、実在として人を本当に食べただろうか?

99 :天之御名無主 :05/03/02 07:53:04
封魔

100 :天之御名無主 :05/03/02 11:11:16
魔女は皆さんがつきあっている彼女のことですよ!
怖いですよ~
オ・ン・ナは…・・。
あ~クワバラ、クワバラ。

101 :天之御名無主 :05/03/02 14:46:06
>>88
数学と物理学は違うだろ。

それとホームヤード「錬金術の歴史―近代化学の起源」によると錬金術師は錬金術だけやってたわけでなく世俗の鍛冶屋さんのところを回って色々話を聞いていたらしい。

本質的な進歩は錬金術とかより世俗的なレベルによって行われていたと思われ。

102 :天之御名無主 :05/03/02 17:49:33
>>98
それは「語って」いるのか?
というか
>魔女は「伝説」ではなく、実在として人を本当に食べただろうか?
この一文よくわからんのだが。魔女に限らず人食いの風習はあったろうし、人肉に薬効があるとする考えもあちこちにあるし、食うことはあったんじゃないのか。

103 :天之御名無主 :05/03/02 21:58:23
>>102
ありがとうございます。
魔女伝説には「サバト」で特に乳幼児の人食伝説が多いので本当に行なっていたのか?
不思議だったからです。単純に魔女を陥れるための「イメージ」で語られた伝説なのか、本当に行なっていたのか。という点で気になったのです。

104 :天之御名無主 :05/03/03 20:58:50
非科学的な話だけどもし人を呪い殺したら警察に捕まるの?

105 :天之御名無主 :05/03/03 21:07:37
呪いとか不可能犯は無罪。
ただし、その呪いが科学的に証明された、と言うか不可能犯でないと認定されれば有罪。

106 :天之御名無主 :05/03/12 21:38:19
>>101
いや、「魔方陣」(マトリックスの方)を考えたら数学は十分魔術(呪術行為)から進歩したといえる。
数学で使用する「無限大」のマークも魔術から来ている。
秘術の一種だったのではないだろうか?数学は。

物理学
これはロボット工学の元祖が錬金術師の「ゴーレム」から来ていることを考えると物理学の一種も魔術行為から発展したといえる。
また電気工学も電気を自由自在に操る欲望から発展したといえるのではないだろうか?

107 :天之御名無主 :2005/03/22(火) 20:23:50
単純に自然科学をベースとした学問はすべて魔術発祥。何故なら自然科学は魔術がベースだから。

111 :天之御名無主 :2005/03/29(火) 13:04:18
>>107
魔術はいかにして「科学」へと進歩したのだろうか?
ニュートンやパスカルデカルトのあたりの時代だろうか?
もっと後のラボワジエの時代だろうか?
フランス革命期ですら「錬金術詐欺」が横行していたというぐらいだから相当年季入っているのではないだろうか?
実験機器(フラスコ等)の発達には大きく貢献したのは確かなようだが。

112 :天之御名無主 :2005/03/29(火) 16:08:18
本来魔術 呪術と呼ばれたものは経験則やあらゆる生活の智恵を指したりもしていた。
科学は自然界の法則を研究したものでそこが微妙に違う。

113 :わんこ104:2005/03/29(火) 21:37:58
>>104
秋田県で昭和47年に人を呪ったことで相手の容態が悪くなり実際に逮捕、裁判で実刑でたことありますよ。

人に呪われてることを知ってしまったから急に具合悪くなったようなので、そのことを知らなければ呪いって効き目はどうなのかわかりませんが。

115 :天之御名無主 :2005/04/08(金) 23:41:37
>>112
ウイザード、ウイッチの言葉の意味を考えるとたしかにそうですね。

ペンタグラム、ヘキサグラムといった護符なんかも魔術ですよね。

116 :天之御名無主 :2005/04/11(月) 20:02:59
ウィッチとウィザードの語源って違うんじゃなかったっけ?

118 :天之御名無主 :2005/04/15(金) 12:41:38
栄光の手

死刑囚の手首を切って蜀台のように立て、指に火を灯す。
それを深夜に家に忍ばせておくと、そこの家人は火が消えるまで目覚めない。
火は自然鎮火か、ミルクでしか消すことはできない。

って何かのオカルト百科に載ってた。
(おぼろげなのでちょっと違うかも)

119 :天之御名無主 :2005/04/16(土) 21:11:28
>>102
やはり魔女にも人食いはあったのか。
首狩とかも古代北欧の中心にありますよね。動物が中心ですけど。
首に霊力を感じる信仰とか。
魔女にも首狩伝説ありますし。

120 :天之御名無主 :2005/04/16(土) 21:54:55
>>119
>>102は「あったんじゃないのか」と推測を述べてるんであって、「あった」と断定しているわけじゃないけどな。

122 :天之御名無主 :2005/04/17(日) 19:10:29
>>120
119です。推測なのか。ごめん。

123 :天之御名無主 :2005/04/18(月) 14:03:38
所謂、魔女について回るダーティな話は後世のキリスト教によって作られたイメージでしかありません。
実際の魔女と言うのは、キリスト教以前の、豊穣の女神と有角の動物神を崇める古い宗教の信徒でした。
北欧神話やケルト、エジプト神話など、日本で言えば神道の神々を崇めているようなものです。
キリスト教によって、古い信仰を捨てさせるため、古い神々は悪意に満ちたイメージをなすりつけられました。
人食いの習慣や一般に想像される犯罪行為や、他者を傷付ける儀式乱交などの習慣は、まずありません。
魔女狩りで処刑された人は、大抵が実際の魔女ではありませんでした。
ただ、古い信仰を捨てようとしない人々は、かなり苛烈な宗教弾圧は受けたそうですが。

124 :天之御名無主 :2005/04/18(月) 16:58:21
>>123
有角神を崇拝するなどのイメージも、19世紀から20世紀にかけて作られたものだったりする。
学術的なウィッカ研究などを見てみるといいかと。

125 :天之御名無主 :2005/04/18(月) 20:21:42
>>124
すみません。
有角・動物神ですね。

ケルトなどでは1300年以前より女神と有角神をセットで崇めるお祭りをやってた所もありますよ。
逆に現代のウィッカンでも、有角神を崇めない場合があります。
その土地で発生した古代宗教に拠るのかも知れませんね。
私も不勉強なものですから、偉そうな事は言えません。
ですが、魔女が子供を殺してその脂肪で怪しい薬を作ったり、人肉を食らう風習と言うのはありません。
神に人間を生け贄として捧げるのは、キリスト教でも日本でもありましたから、その辺りは微妙ですが。

126 :魔女 :2005/04/18(月) 22:57:10
何も使わずに呪う方法はあります。
でもそれには高い霊力と精神力がいるんです。
私は生まれたときから神社の巫女としていろいろな呪いを勉強してきましたが、とても一般人ができるようなものではありません。
一般に出回ってる呪いは正式版のリメイクと言っても過言ではないんです。
だから、呪うには対価がひつようなのは当然のこと。
対価なくしてやる呪いはとても脆いので気をつけて。

128 :バアルゼブル :2005/04/19(火) 17:37:55
こっくりさんは召喚術ですが何か?

132 :天之御名無主 :2005/12/30(金) 17:15:37
マギ(魔術師)の語源となった神官いたけど名前なんていったけ?

133 :天之御名無主 :2006/01/01(日) 21:06:55
たしか西アジアのひとだよね、名前忘れたけど。

135 :天之御名無主 :2006/01/02(月) 02:06:44
メディア王国の祭司マゴスだろ(ヘロドトスの『歴史』)

136 :天之御名無主 :2006/01/02(月) 16:54:22
あれ?となるとギリシャ語での魔術師をマゴスというのは元に戻っているということになるのかい?

137 :天之御名無主 :2006/01/03(火) 02:49:57
ヘロドトスの『歴史』は何語で書かれていたのだろうか。

139 :天之御名無主 :2006/01/04(水) 00:26:59
>>137
古代ギリシア語だが。
メディア語でもマゴスだかマグスだからギリシア語にもそのまま輸入された感じ。



なかなかに興味深いスレ。
ほとんど編集がいらないのは過疎…もとい、厳選されたメンバーだからかなw

そういえば、昔黒魔術の本を買ったりしたなぁ…。
黒い布地に魔法陣が書いてあったっけ。誰か知ってる?
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
03/24|呪い/魔法/ジンクスコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2011/08/28 20:28 *  * [Edit] *  top↑
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。