最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:National Geographic News

解明される巨大な水晶洞窟の神秘

「これは水晶のシスティナ礼拝堂だ!」
とファン・マヌエル・ガルシア・ルイス氏は語りました。
地質学者は、今週、彼と研究者のチームが メキシコのクエバ・デ・ロス・クリスタルズ(クリスタル達の洞窟の意)の中の水晶が一体どうやってとてつもないサイズになったかに関する神秘を解明したと発表しました。

ナイカ山の下のチワワ砂漠1,000フィート(300メートル)に埋まっている洞窟は2000年にインドゥストリアレス・ペノレス会社の2人の坑夫がトンネルを掘削中に偶然発見されました。

洞窟は今まで見つけられた中で最も大きい自然な結晶のいくつかを含んでいます。
(半透明の水晶は長いもので最大36フィート(11メートル)、重さは55トンまで達します)
解明される巨大な水晶洞窟の神秘2

「まさしく自然の驚異です!」と、スペイン・グラナダ大学のガルシア・ルイス氏は言いました。


A.どのようにして結晶は巨大な大きさになったのですか?

Q.1,000年の間、結晶が洞穴の奇跡的に安定した自然環境でした。温度は一貫して華氏136度(摂氏58度)の周辺でした。そして、洞穴は結晶の成長を助けるミネラルをたくさん含んだ水で満たされていました。このような偶然が重なり、巨大な水晶が出来たと考えられます。(ルイス氏談)



現代の採掘活動は、洞穴から水をポンプで揚げることによってこの自然の脅威を露出させました。現在、ガルシア・ルイス氏は、鉱業会社に洞穴を保存するように助言しています。

「鉱物がこのような美しさで現れるところは、この地球上にありません」と、ガルシア・ルイス氏はこの洞窟の希少さを訴えています。

意訳:なめこマッハ


リアルFFがここに…スゴイ!
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
04/10|謎/摩訶不思議コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
FF3の裏の世界みたいだな
From:   * 2007/04/16 16:21 * URL * [Edit] *  top↑
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。