最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


■引用:livedoor ニュース

新華社総合:アメリカ・オレゴン州立大学のジョージ教授が先ごろ、恐竜の絶滅に関する新説を発表した。蚊やシラミなどの大量発生により新型の伝染病が蔓延したのが、絶滅の重要な要因となったという。

イギリス紙「デイリーテレグラフ」7日付の報道によると、同教授はハチなどの受粉昆虫の数の急増も恐竜絶滅の1要因だとしている。
受粉昆虫の大量発生により被子植物が急速に広まったことで草食恐竜の伝統的な食料源の生息地域が縮小。草食恐竜の減少に伴い、それを食する肉食恐竜の数も減っていったというのだ。

これまで、恐竜絶滅の有力説として支持されていたのは小惑星の地球衝突だ。しかし恐竜は数十万から数百万年の時間をかけてゆっくりと消滅している。教授の説は、少なくともなぜ恐竜の絶滅にこれだけの時間がかかったのかを説明することができるだろう。
スポンサーサイト

01/12|サイエンス/エセ科学コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。