最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:ナショナルジオグラフィック

“絶滅”の霊長類、インドネシアで発見


 映画のグレムリンにそっくりのこの小さな動物は、最近になってインドネシアの森で再発見されたピグミーメガネザルという肉食性の霊長類である。体重は57グラムほど。1920年代以降の生存が未確認だったが、この夏の調査で3匹を発見・捕獲することができた。標識を付けられた3匹はその後、元いた場所に放された(写真はそのうちの1匹)。
 調査チームのリーダーを務めるテキサスA&M大学のシャロン・グルスキードワイエン氏は次のように話す。「失われたピグミーメガネザルを探して何回も探検隊が調査に向かったが、いつも徒労に終わっていた。私も自ら現地に向かって、彼らがまだ生存しているのか、それとも本当に絶滅してしまったのかをこの目で確認する必要があった」。

 この調査はナショナル ジオグラフィック協会の保護トラストの一部支援のもとに行われた。

「スラウェシ島中央にあるロレ・リンドゥー国立公園の深い森とコケに覆われた山腹に、かつては比較的多数のピグミーメガネザルが生息していた。しかし、1970年代の伐採によって彼らの生息地が破壊され、個体群が急激に縮小してしまったのではないかと考えている」と同氏は説明する。

 夜行性のピグミーメガネザルは闇に隠れて捕食から逃れることができるが、崩壊した森林では生い茂る木々がないために月の光を遮ることができない。そのため、枝から枝へと飛び移る小さな生き物の姿が鳥をはじめとする捕食動物の前にさらされる結果となってしまった。

 同氏は、「ピグミーメガネザルの生存が確認されたことで、この種の保護と生息環境の保全に対するインドネシア政府の意欲が高まることを切に願う。ロレ・リンドゥーに暮らす人間と動物が共生可能な方法を政府は考え出す必要がある」と語った。


ちっちゃくてヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
11/18|サイエンス/エセ科学コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。