最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

icon
icon

■引用:日本史板

1 名前:  投稿日:2008/01/15(火) 14:53:55 ID:
1881年現在

下総高岡藩 井上正順 宮内省出納課見習
備中岡田藩 伊東長トシ 内務省九等属
美濃高富藩 本庄寿巨 内務省十等属
豊前千束藩 小笠原寿長 陸軍省十四等出仕
駿河桜井藩 瀧脇信敏 沖縄県御用掛
伊予小松藩 一柳紹念 鹿児島県御用掛
伊予薦野藩 土方雄志 工部省九等属
常陸麻生藩 新庄直陳 司法省十七等出仕
下総結城藩 水野忠愛 群馬県御用掛
備中浅尾藩 蒔田廣孝 秋田県御用掛
但馬村岡藩 山名義路 広島鎮台陸軍歩兵伍長

以前の身分と物凄い落差がある事例を出してみました。

2 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 15:00:14 ID:
明治14年だとまだ士族の下士官直任有りかな?
それだと第二次大戦中と違って兵卒までは経験してない?
山名は幕末お手盛り大名だもんな金がなかったんだろうな。

3 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 15:19:01 ID:
岡部長職などは、単身海外留学を経て新政府に登用され大出世してますね。

宮中伺候などという肩書きもありますが、これらは有給でしょうかね?
教部省の講義(無給)などという肩書きの方も少なからず。

4 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 17:13:06 ID:
藩主→陸軍省十四等出仕
藩主→陸軍歩兵伍長 すごい落差(下降)ですね。

百姓あがりの上官(上司)のもとで勤務
つい最近まで殿様であった部下の取り扱い方

双方ともにやりにくかったのでは?

5 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 17:19:09 ID:
かっての家来や領民(百姓)などが、上司などということもあったのでしょうね。

仕事になっていたんでしょうか?

6 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 17:42:52 ID:
山名義路歩兵伍長あまりにも可哀想・・・
案外、本人は喜んでいたかもしれないが

7 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 17:49:24 ID:
山名義路は、後に陸軍少佐。男爵。貴族院議員にもなっている。苦労して成功しています。

8 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 19:19:02 ID:
井上正順:明治8年(1875年)、警視庁15等を拝命。明治9年(1876年)には警部補に昇進。

9 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 19:25:11 ID:
蒔田廣孝は、明治30年(1897年)に第3代浅尾村長、明治41年(1908年)5月には初代総社町長となっています。

10 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 19:50:06 ID:
まだこの時期は百姓上がりの将校は希でしょう。
でもまあ足軽以下の家に生まれた山県が陸軍トップ、
これはまあ実績とかで仕方がないかもしれないけど。
小禄武士で大して実績もない若造の乃木が明治四年少佐直任とか、
薩長以外の出身者には腹立つことが多かったとは思う。

11 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 21:03:09 ID:
山名義路は、広島鎮台陸軍歩兵伍長で、「従五位」です。もらった金禄公債1万1千四百余円ほど。

12 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/15(火) 22:09:42 ID:
小藩の藩主はつらいなあ。1万から3万ぐらいの手切れ金で。

新政府に登用されるとか、資産を上手に運用するとか、新政府に登用された旧臣に恵まれるとか。
才覚のない個人「殿様」は没落するのみ。

15 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/16(水) 22:22:35 ID:
伊東長トシの跡、久實は縁も所縁もない伊東巳代治の子に家をのっとられているのか?
困窮して子爵の株を売り払ったのか?

大正になり、久實は年上の二郎に家督を譲って隠居、さらには分家までしている。
分家すると平民だよね。

17 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/17(木) 14:59:30 ID:
ややスレ違かも知れないが

和歌山藩付け家老・水野家(男爵)の長男って、八甲田山で遭難死してるんだな ちなみに当時の階級は陸軍中尉
当主だった父も同年死去

18 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/17(木) 17:43:49 ID:
前田家の当主は軍人になることが当然だったらしい

19 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/17(木) 18:31:57 ID:
利家とまつ見たせいか、前田利家といえば華奢な役立たず男のイメージがどうしても拭えない

21 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/19(土) 13:15:19 ID:
士族は当初職業が失われる為


木戸が造った国鉄に就職するか


軍人や警察官になるかどちらかでした。


山縣さんは警察でしたが、子孫たちは華族制度廃止後

どん底の貧乏になり残された土地で林業し成功されました。

22 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/19(土) 16:01:45 ID:
明治前期に大名華族の息子が徴兵検査を受けて、
農民出の壮丁と一緒に入営するなんてあったのかな。

23 名前: 投稿日:2008/01/20(日) 09:32:20 ID:
1881年現在

下総高岡藩 井上正順 宮内省出納課見習 録券13440円余 家扶2名
備中岡田藩 伊東長トシ 内務省九等属 録券26595円余
美濃高富藩 本庄寿巨 内務省十等属 12205円余 家令1名
豊前千束藩 小笠原寿長 陸軍省十四等出仕 録券16585円余 家扶1名
駿河桜井藩 瀧脇信敏 沖縄県御用掛 録券13140円余
伊予小松藩 一柳紹念 鹿児島県御用掛 録券17860円余
伊予薦野藩 土方雄志 工部省九等属 録券20670円余
常陸麻生藩 新庄直陳 司法省十七等出仕 録券17975円余
下総結城藩 水野忠愛 群馬県御用掛 録券19152円余
備中浅尾藩 蒔田廣孝 秋田県御用掛 録券14695円余 家令1名
但馬村岡藩 山名義路 広島鎮台陸軍歩兵伍長  録券11435円余

陸軍省十四等出仕で家扶がいるなんていうのも不思議?

上記のレベルの華族の一月あたりの生活費はどれくらいだったのでしょうか?

公債の利息と給与でまかなえたのでしょうか?
それとも公債を取り崩してせいかつしていたのでしょうか?

24 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/20(日) 21:48:57 ID:
1廃藩置県、金禄公債発行

小大名-さっそく職探し
大中大名-銀行設立、投資、利子ウマ~

2.十四銀行などの倒産-ヤバ~

3.財産税-あぼ~ん

こんな感じか?

25 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/21(月) 23:28:47 ID:
それでも資産家として生き残った島津家や尾張徳川家はたいしたものだな。

26 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/21(月) 23:34:50 ID:
明治20~40年頃、華族の対面を維持するのに必要とされていた年収は500円だそうです。
このため旧家老1万石以上でも年収500円未満の家は華族になれませんでした。
逆に1万石未満でも財産があれば華族になった例もいくらか有ります。

27 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/21(月) 23:44:39 ID:
医者、学者への転進も体面維持の一つ。

28 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 09:10:41 ID:
俺は華族ぐらいあってもいいと思うけどね。
皇族が旧宮家11家復帰で年金が3億、
華族が100家ぐらいあって年金総額が3億、
計6億ぐらいの税金で名家を維持していくぐらいいいんじゃねーの?

まあ、俺のとこは九州の百姓なんで関係ないんだがw

29 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 17:37:26 ID:
廃藩で、側室とかはどうなったのでしょうかねえ。
小藩でも2人や3人はいたでしょうに。

30 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 17:45:11 ID:
たとえ小藩であってもまがりなりにも藩主の地位にあれば、
明治時代になんらかの華族になれたんじゃなかったか?
下に仕えていた士族は悲惨だったが

33 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 18:26:25 ID:
家老クラスの男爵はどういう職業についていたんだろうねぇ

34 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 18:36:53 ID:
不名誉な話のせいか具体的な家名はあがっていませんでしたが、
爵位申請を却下された旧1万石の家老家で本人は郵便局員、
家族はよその家に預けてあるなんて例が有ったそうです。

35 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 18:44:54 ID:
貧乏華族が宮中晩餐会に招かれると高価な食器を持ち帰っていたそうで、宮内省を悩ませる問題でもあったとか。

36 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 18:46:38 ID:
上で出ている例はみんな1万円以上有って、
1000円以上年利5%らしいので、
一応年額500円は確保ってことらしい。
不動産もゼロってことはないだろうし、
まあ最低限の対面は維持できたのでは。
家族の人数がよほど多ければ話は別でしょうが。

37 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 18:48:27 ID:
蜂須賀の当主はついタバコを失敬して、
明治天皇に「血は争えぬな」と言われたとか。
男系子孫じゃないけどね。

39 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 19:31:00 ID:
>>37
小六とはアカの他人じゃなかったかな。
その人は11代将軍徳川家斉の男系の孫で、血筋を言うなら家康の子孫だし。

40 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 19:47:00 ID:
明治8年の9等官が(判任の上から2番目)が月棒50円、つまり年額600円
同じく10等官(3番目)が月棒40円、つまり年額480円。
このあたりが500円に近い地位かと。
ちなみに高等官最下位の7等官が100円、年額1200円。
15等官(判任最下位)が12円、年額144円。
これは明治14年改正の17等(12円)に相当するらしいので、
14年次の14等は20円程度ではないかと。

41 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 19:55:10 ID:
明治20年代に伊予松山の御曹司がフランス留学した時に、
ご学友?に選ばれた旧藩士秋山好古に渡された留学費用が年1000円。
大家は剛毅なものだ。
なおその後官費留学に切り替えられ時で1600円。

49 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 22:41:07 ID:
一律、18石とかに切り下げられたんでないの? しかし、いきなり18石レベルの生活になれるわけでもなく。

数年、資産を食い潰して如何ともしがたく、、、。とか。

51 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/22(火) 23:41:38 ID:
殿様が知事になった例は多いが、知事なんて江戸時代で言う
代官みたいなもんだろ?明かな落ちぶれ

殿様は今で言う代議士だよな。与党が譜代で野党が外様 みたいな~

しかし国会中継なんかみとんと大臣(老中)に対するヤジが多いのぉ~
一大名が老中様に野次るなんて、江戸時代では考えられん光景だがなw

55 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/23(水) 05:20:40 ID:
大名は版籍奉還で実高の1割が家禄となり、それが公債の基準となっている。
草高1万石の大名だと、確かに家禄収入は苦しいが、藩財政と家計が切り離されて、
明治以前の借財から解放され身軽になったことも事実。

56 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/23(水) 05:26:01 ID:
家老クラスの上級家臣の場合、版籍奉還前後の録制改革で、どこの藩も大幅に
家禄を削減されている。

戊辰戦争で減封された仙台藩など、万石級の一門・重臣が数十石になっているから、
そういう藩の上級家臣は公債の額も多くはなかっただろう。

57 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/23(水) 07:37:01 ID:
すってんてんになった亘理伊達家は家臣引き連れて北海道に移民したしね

58 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/23(水) 08:43:03 ID:
付家老及びそれに準ずるとの主張が認められて追加された越前家家老の本多家、
これ以外の一般の家臣で明治22年に最初に華族になった二人のうち、
島津珍彦(久光の3男)は旧14000石で公債26000円余り。
同じく山内豊積(容堂の弟)は旧1500石でなぜか公債20000円。
旧石高に比べてやけに金額が多いように思えるが、薩摩あたりはなにか優遇があった?

59 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/23(水) 09:42:29 ID:
薩長土肥は優遇措置がとられただろうね。
下級公家だった岩倉も60000円とか。

60 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/23(水) 10:09:13 ID:
殿様じゃなくて公家だけど坊城俊章は幕末に17歳で侍従、
王政復古後、総裁局弁事→軍務局三等陸軍将(21歳)、
更に→巡察使→按察使→※陸軍少将→山形県知事→
華族留学生(明治4年)→明治7年帰国※陸軍中尉。
その後は地道に軍務につき教官や近衛配属が多いが、
西南戦争で中隊長心得、日清戦争は大隊長として従軍、
最終的に※陸軍中佐で明治29年退役。
少将から中尉になったのってこの人くらいでは?
まあこの人のなった陸軍少将とは、
以前の近衛少将とも後の少将とも異なる存在だったみたいだけど。

61 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/23(水) 23:04:14 ID:
御家人株とか明治になっての士族株の売買とか聞きますが、、、。

「華族」株の売買とかはあったのでしょうか?

63 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/24(木) 22:27:25 ID:
>>61
超愚問なのでググレカス


といいたいところなのだが
日本の華族の成り立ちを見ると、「華族」という身分は売り買いされるような物でなかったのは明白です。
華族辞めたかった+辞めたひとはわりといるけど。

69 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/25(金) 09:00:23 ID:
養子の相手にも制限があって同族か華族からしか取れないから、
華族の同族じゃない成金は無理だと思う。
華族の同族で有れば、その同族の華族に形だけ養子入りして華族、
華族同士なので赤の他人でも養子入りOKになると思う。
その同族って例えば菅原古人(道真の曾祖父)の子孫って言うくくり、
つまり加賀前田と堂上菅原や柳生なんかが同族、
さすがに菅原同祖の大江姓の毛利は別らしいけど。

71 名前:sage 投稿日:2008/01/25(金) 21:17:14 ID:
霞の平成版上巻だけ見たが、色々と面白いなあ。

大名華族の軍隊での尉官どまりがかなりいる。

有馬純文(越前丸岡5)…帝室林野管理局技師
羽後矢島の現当主…履物卸売業自営

おかしなのも
板倉勝任(上野安中3)…実は中山忠能9男、M5承、M6隠居、M11離
            実家に帰って分家
            この板倉家、この後に凄い複雑な継承がされていますね。吃驚します。
伊東久實(備中岡田)…M18生、M34承、T6隠居、T11分家
           伊東巳代治二男二郎(M17生、T6承)
           久實は40代で隠居し、全く血の繋がりのない年上の巳代治の二男が継承。
           困窮して、持参金目当て?

72 名前:sage 投稿日:2008/01/25(金) 21:27:02 ID:
続き

これも面白い

黒田直養(上総久留理3)…慶応2承、M10隠居、M11除籍
             除籍って何よ? 何があったのか?
             「除籍されたお殿様」ですね。

京極壽吉(多度津1)…実は山崎治正6男、M5承、M7隠居、M8離
           先代京極高典再承、M6高備生
           先代の実子が生まれ、隠居させられて離縁され、散々な目ですね。

73 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/25(金) 21:34:52 ID:
第二次大戦になると殿様の子孫の兵卒も珍しくないけど
徳川慶光の二度目の招集が30過ぎて二等兵ってはすごいな。
征夷大将軍の嫡孫が二等兵だもんな。
旧陸軍って変なところが民主的。
海軍の方は久光の孫(本家の方の当主)が兵学校受験の時、
時の海軍大臣山本権兵衛のお声掛かりで合格プロジェクトを組む、
こっちは明治三〇年代の話だけど、やっぱり貴族的?

74 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/25(金) 22:21:51 ID:
徳川慶光の一度目の召集って、短期で2等兵から昇格する暇がなかったっていう訳ですか?

1等兵に昇格する前に除隊で、2度目の召集で再度2等兵ってことですかね。

75 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/25(金) 22:58:00 ID:
なんか一度目は病気ですぐ除隊になったらしいです。

76 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/25(金) 23:08:32 ID:
華族で、30過ぎて、2等兵って哀しすぎますよね。

位階は、連隊長よりも上の正4位とかですか?

処遇も難しすぎるのでは?

殴られたりしたんですかね?

77 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/25(金) 23:10:44 ID:
華族の家禄
公家は旧禄高三〇〇石程度までは家禄の方が高い。
最低ランクが二五〇石強で、その上は適宜配分して増額してあるようだ。
逆に三五〇石程度から上は旧禄高の方が多い、最高の近衛でも家禄は1500石未満。
相当の平準化がなされている。
大名の方は加賀前田の六万石超、島津本家の三万石超が別格で、
二万石以上もかなりいるが、少ない方は本当に少ない。
足利が最低で二〇〇石なく、他にも公家の最低ランク未満が2、3家有る。
家禄だけを見ると小大名は貧乏公家と変わらない。
まあ還俗した公家分家は大概五〇石以下だからそれよりはましだけど。

78 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 09:44:07 ID:
作家の有馬頼義も旧久留米藩主の家出身。
幹候を受けずに一兵卒として出征したおかげで「兵隊やくざ」という名作が生まれた。

困窮した華族は華族株売買とかではなく、たぶん娘を新興成金に売ったはず。
小説「華麗なる一族」の当主の嫁も公家華族という設定だった。

79 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 10:24:56 ID:
娘なんかいらん。
名前と爵位だけでいいのに。

80 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 10:46:16 ID:
徳川慶光
正確には1940、1941、1944の三度招集。
もっとも二度目は身体検査で即日除隊なので実質二回の入隊。
一度目は内地で肺炎になり入院、退院即除隊。
その次は中国を転戦、赤痢・マラリア等で入院、
まるで入院するために入隊したような軍人生活。
南方ではなくて中国ってところが華族に対する配慮?

81 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 12:27:56 ID:
配慮するんだったら、本土もしくは台湾か朝鮮だろ
皇族の仕官もバンバン戦死してるんだから徳川家に配慮とかなくね?

82 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 12:38:36 ID:
皇族で戦死者はいない。
内蒙古で北白川宮が、日本軍の飛行機にひっかけられて事故死しただけ。

臣籍降下した元皇族を入れても、音羽侯爵と伏見伯爵の二人が戦死しただけ。

83 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 12:43:29 ID:
しかし、最後の将軍の直系の孫で直宮妃の実の兄弟だった公爵が一兵卒って・・・
イギリスでは絶対にありえんなw

近衛の息子も東條に懲罰召集されてるけど、すぐに幹部候補生になって士官になってるし、
もうちょっと何とかならんかったものか。

84 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 15:15:33 ID:
旧旗本のその後
①高直しで諸侯と認められた旧交替寄合
②早期に帰順して朝臣となり本領安堵
③徳川家の処分決定後、希望により朝臣
④同様に静岡藩士
⑤同様に帰農帰商
⑥同様に帰農帰商したが後に静岡藩士 

最終的な家禄
旧5000石 ②250石 ③75石 ④18石 ⑥原則5.4石 
旧3000石 ②120石 ③50石程度? ④18石 ⑥原則5.4石 
旧1000石 ②75石 ③35石 ④14.4石 ⑥原則5.4石
旧500石 ②50石? ③28石 ④12.6石? ⑥原則5.4石
旧200石 ②28石 ③16石 ④10.8石? ⑥原則5.4石
旧100石 ②16石 ③10石? ④10.8石? ⑥原則5.4石
旧40石 ②9石 ③9石 ④9石? ⑥原則5.4石

85 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 15:25:59 ID:
家康の男系子孫かつ徳川姓の人々の軍事体験
水戸家当主国順、士官学校卒業歩兵少尉となるも、3年後には依願休職、予備役。
「すぐに病気なって軍人が嫌になって止めちゃった」
半ばは韜晦だろうけど、武門にしてはあまりに情けない。
武人の誉れは日本航空界の草分け好敏中将くらい?
こっちは家が潰れたから根性が違うのか。

86 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 15:50:59 ID:
公家軍人の方が勇ましい
鷹司の当主も軍人になって中将ぐらいまでになった

87 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 20:01:23 ID:
華族の戦死第一号って難波家(旧公卿)嗣子宗明かな。
明治3年大阪兵学寮入学、4年少尉任官、7年以前に中尉昇進。
9年大尉昇進、10年西南戦争で中隊長として戦死。
丹波篠山藩当主(維新時は亡兄が当主であり藩主経験はなし)青山忠誠、
幼年学校、士官学校を経て明治13年少尉任官、明治24年現職のまま病死。
明治23年士官学校入校の23名の華族中、公卿系17名、大名系5名、その他1名。
うち将官は名和長憲少将(名和長年の子孫)だけ。

88 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 20:13:02 ID:
の訂正
表高5000石の足利家193石より家禄が少ない家が2軒ほどあった。
宍戸松平家1万石が189石、七戸南部家1万石ちょっとで165石。
このあたりは高直しした旧交替寄合諸家(最低が本堂家の195石)より少ない。
表高の通りなら1万石は現石3500石で、家禄は350石になるはずなんだが、
南部に至っては5割にも満たない。
逆に35000石強のはずの加賀前田は倍近い63000石強。
表高では100倍程の差が400倍近くに拡大。
大諸侯と小諸侯の経済格差は天と地ほども大きい。
あと公家の最低ランク未満は2、3家どころじゃない。

89 名前: 投稿日:2008/01/26(土) 20:49:23 ID:
1881年 華族名鑑
七戸南部信方1万石余 現米162石 禄券5100円とあります。家扶も1人。
「本在所無之」とあります。これは?

八戸南部利克2万石 現米944石 禄券22015円余 家令・家扶が各1

90 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 21:47:33 ID:
一人だけなら家令でもいい気がするけど、
給与レベルで他家との均衡上の問題?

91 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 22:06:46 ID:
華族の家令・家扶って、旗本の家老・用人のイメージかな。

92 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 22:27:17 ID:
家令・家扶の給与ってどれくらいなんでしょうか?

教員とか巡査とかと同じレベルとか?

93 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 22:33:24 ID:
志賀直哉の祖父の直道は、旧相馬藩士で維新後は相馬家の家令をしていた。
この人は古河市兵衛と銅山経営やってたから、ただの家令ではないが。

94 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 23:25:37 ID:
下総高岡藩 井上正順 宮内省出納課見習  
 孫正鑑(八戸南部家からの養子)が大正時代に陸軍航空隊パイロット
備中岡田藩 伊東長トシ 内務省九等属
 子久実は同姓(超遠縁?)の政治家の子を養子とする。事実上の売爵?
美濃高富藩 本庄寿巨 内務省十等属  肥後宇土細川家からの養子、貴族院議員
豊前千束藩 小笠原寿長 陸軍省十四等出仕  肥後宇土細川家からの婿養子、東京市会議員→貴族院議員
 次代は恒は陸軍中佐
駿河桜井藩 瀧脇信敏 沖縄県御用掛  高遠内藤家からの養子、首里役所長
伊予小松藩 一柳紹念 鹿児島県御用掛  石鎚神社神官
伊勢薦野藩 土方雄志 工部省九等属  分家旗本土方家からの養子、貴族院議員
常陸麻生藩 新庄直陳 司法省十七等出仕 貴族院議員
 次代の直知も貴族院議員で明治30年代に学習院野球部の主将として早慶戦の主審。
下総結城藩 水野忠愛 群馬県御用掛
備中浅尾藩 蒔田廣孝 秋田県御用掛  浅尾村長→総社町長
但馬村岡藩 山名義路 広島鎮台陸軍歩兵伍長  後陸軍少佐、貴族院議員
 子義鶴は京大、社会主義者、終戦直後貴族院議員、昭和22年衆議院議員(社会党)出馬落選
 後に国家公安審査委員

後にかなり高率で貴族院議員。歳費が魅力?

95 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 23:34:56 ID:
悲惨なのが明治10年に当主となった常陸下館藩の石川重之氏、
第二次大戦後まで長生きしたばかりに経済的に困窮し銭湯で……。

唯一取りつぶしの請西藩林忠祟氏は、商店の番頭とか大阪の区役所書記。

96 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 23:49:14 ID:
貴族院議長の歳費は7500円(大正9年改正前は5000円。以下同じ)、副議長は4500円(3000円)、議員は3000円(2000円)

魅力的ではあります。

97 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/26(土) 23:50:24 ID:
子爵の会派である研究会は交代で子爵議員の座を回転させることで、
利権を分配していたっていうね。

98 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/27(日) 22:58:17 ID:
一橋の現在の家業が酪農自営だって。

請西藩林家の霞の系図には、「明治元年永禁錮」と。禁錮解除の年月はなし。
これって単に削るのわすれてるだけ?

貴族院議員、軍人、官僚とかが多いですね。

公債や金利だけを食い潰していただけの家とかもあったのかな。

華族の年収あるいは納税額一覧のようなものはないのか?

99 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/27(日) 23:14:48 ID:
あんみつ姫の父親は確か薬屋になってたね

100 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/01/28(月) 00:17:09 ID:
井上真央(井上清直の家系)のお父さんの職業は、大手商社のサラリーマン

112 名前:日本@名無史さん[ ] 投稿日:2008/02/02(土) 18:02:17 ID:
現在、成功しているのは医者、政治家、宗教関係従事、会社経営、団体役員、
あとは一流企業社員とか自営でそこそことかだろ。

霞会館の発行してる家系図名簿に、職業記載のない家の多いこと多いこと。

今でも維新以来の資産で食いつないでる家ってあるのかな?

113 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/02/02(土) 19:00:47 ID:
尾張や水戸のように自前の財団(美術館)と資産管理会社持ってるところ。
外様の大大名の家もそういう家が多い。

政治家については、藤山愛一郎(大実業家で岸のパトロン)が政界入りしたとき、
「絹のハンカチを泥で汚した」と言われたように、大衆民主主義の現代においては
紳士が政治家になるのは、むしろ品格を落とすだけのような・・・

114 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/02/02(土) 19:10:26 ID:
現在はともかくかつては公爵家と首相の縁が深かったイギリスとは偉い違い?
まあ日本にも公爵の首相もいたけど。

115 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/02/02(土) 19:26:23 ID:
旧華族でも財団と会社持ってるところが勝ち組か・・・・・

169 名前:日本@名無史さん 投稿日:2008/02/24(日) 19:58:08 ID:
中山良昭著『江戸300藩殿様のその後 明治から平成まで、大名はこう生き抜いた!』
朝日新聞社 2007年8月

これで色々わかるよ。


本スレがほとんど削るところがないくらい充実しているので、興味がある方は本スレを読んでね!
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
11/29|世界史/日本史コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。