最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:アニメ・漫画業界板

1 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/08/30(水) 02:48:19 ID:
あの世に片足突っ込んでる商売柄、身の毛もよだつ恐怖体験に遭遇した方も多いはず。
アニメーター・制作会社にまつわる怪談・奇談を存分に語りましょう。

2 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/08/30(水) 02:54:35 ID:
目が覚めたら制作他スタッフ全員消えていた
21 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/21(木) 09:55:38 ID:
俺のいる会社は深夜に白い人がでるんだ。結構有名だよ。
階段下りてたら話かけられるとか良く聞いてた。信じてなかったけど。
俺も倉庫でバンクカットを出しているときに後ろに気配を感じたんだ。
先輩が後ろにいると思ってずっと話かけてた。
「誰もいねーよ」って言われた気がして振り返ったら誰も居なかったよ。
ぞっとして探しているバンク20カットを必死に探したよ!もう早くここからでたい!ここからでたい!みたいに。
後輩も俺が後ろにいると思って何かに話しかけた同じ体験をしたことがあるらしい。
だいぶ昔にサンライズの人が、
「真っ白な服の作画さんが居たけどさすがにアニメ会社だからってあの服装はないよね。何か言った方がいいじゃなの?」って言われた。

22 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/21(木) 15:39:45 ID:
老舗のアニメ会社で昔墓場だったってところ
いくつかあるよ
若い人は先輩に聞いてみると驚くかも

25 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/21(木) 22:42:51 ID:
出社したら普段殆ど全く無口の同僚の女性スタッフしかいなくて、とりあえずデスクに向かったのだが、そこには湯気を放つ
ほっかほかのう●こが置いてあった。

26 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/22(金) 01:20:39 ID:
葦プロが出来たばかりの頃は一軒家をスタジオにしてて、そこの一軒家の階段には、幽霊が居たらしいね。
あとは、漏れが昔(15年くらい前)制作をやっていた時に、外注のウォンバットっていう作画会社があって(今もあるけど)、
そこの借りていたアパートの部屋が、所謂事故物件てヤツで、しょっちゅう出てたらしいよ。
聞いて一番キツかった話が、徹夜明けの動画マンが、スタジオを出ようと戸締りの為にカーテン閉めたところ、
部屋の明かりが付いてる状態だったから、室内の様子が窓に反射して写った所に、
首を吊った人が写ってたのを見ちゃった、というもの。
振り返ると、何もなく、そこには蛍光灯がぶら下がってるだけだったそうだけど、
あまりの恐怖で、その動画は辞めちゃったって。

29 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/25(月) 01:56:24 ID:
たまに、夜中泊り込むけどな。
そういう時って、誰もいないのに人の気配があるんだよ。
仕事している机を覗き込むような、そういう気配があったりするんだ。
びびりじゃないけど、結構怖いよ

30 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/25(月) 12:43:12 ID:
>>29
それ、制作の生霊だろw

31 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/27(水) 00:35:03 ID:
Sスタジオのドアの中に立ってブース覗いてると縦長の窓からこっち覗いては去って行く細長い人が居るよ。マネか…でも消えるんだよな

33 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/27(水) 15:16:44 ID:
幽霊は見たことないが
回収に行ったら 切れかけの動画に
「終わるわけねぇ~だろう」と包丁投げつけられましたがなにか?

34 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/27(水) 15:32:27 ID:
デザインナイフで自分の指の間をトントン往復させてた奴ならいたよ

35 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/09/30(土) 23:50:38 ID:
後輩(制作)の担当作品が今週は放送12時間前納品だったそうだ
こういうのも何気にホラーだよな。
自分が制作やってた頃は最悪でも前日納品だったんだが
最近は当日納品も珍しくなくなったのかな。

36 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/10/01(日) 02:27:07 ID:
20年前から当日納品は当たり前のように・・・・

37 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/10/01(日) 03:53:39 ID:
正直、12時間前ならまだ楽勝・・・
そんなラインP4年目の秋

38 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/10/02(月) 14:27:36 ID:
>>37
おまいさんとはなるべく仕事したくないなw

39 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/10/04(水) 23:52:13 ID:
スタジオで死んだけど、それを報告すると労災とかの問題があるので、
社長が泣きながら親に自宅で死んだことにしてほしいと土下座する姿を
見たとき、怖い業界だなと思った。

41 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2006/10/05(木) 17:12:45 ID:
>>39
子供が死なれた親の前で、そこまでの事を出来るその社長も怖いが、社長にとっては、そこまでの暴挙に出るほど労災認定が怖かったんだろうな


俺が親の立場だったら、絶対に社長をぶん殴るけどな

87 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2007/09/19(水) 23:40:51 ID:
2日スタジオに出てこなかった原画さんの様子見に家までいったら
出てこないからノブに手をかけたらあいてたので悪いと思いつつドア開けたら
倒れてた・・・
あわてて救急車呼んで、病院に運んだ

熱中症だったらしい。今も入院中だが命には別状ないらしい
こわかった・・・

88 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2007/09/20(木) 07:57:09 ID:
熱中症は一刻を争うからな、間に合ってよかったな~

89 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2007/09/20(木) 22:56:29 ID:
2日姿を見せないだけで心配してもらえるのは良いことだ
フリーの人間(机も数ヶ所にある)だとUP日間際ならともかく、
一週間くらいいなくても誰も気にしないw

90 名前:87 投稿日:2007/09/21(金) 23:55:49 ID:
その人フリーじゃなくて所属の原画さんだったんですよ。
私、動画だったんですけど家が近いから良くしてくれる先輩さんで、
「今日も来なかったなあ、一人暮らししてるし、様子見てきてよ」の声で
様子見に行きました。

ほんとに怖かったです。別状なくてよかった・・・

92 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2007/12/25(火) 21:52:21 ID:
>>90
のような方が後輩にいれば・・・。
やはり頼れるものは後輩だな。

101 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/03/04(火) 02:23:48 ID:
十数年前の深夜に助手と二人だけで撮影作業をしていた時に、
助手していた奴が撮影台の右上の方を見たまま口をパクパク
させたまま固まっていたので、自分もそいつの目線の先にあるものを見たら、
めちゃ大きい人の顔がそこにあり驚愕した事があったな・・・。

しかも、Wラシ15%くらいの薄さ。

撮影室って天上から壁床まで黒1色で、その類のモノがものすごく見栄えするのですよ。

先輩カメラマンや他社のカメラマンの人に、「撮影会社って場所や部屋の作り的に出やすいから。」
ってよく言われていたけど、マジ見するとは思ってもいなかったよ。

その後しばらくの間は、一人(助手付いてても)での徹夜作業の時は、大音量でラジオやCD流しながら作業していたな・・・。

112 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/09(水) 14:33:06 ID:
板野一郎氏の引っ越しの話が怖かったな

荷物が届く前にアパートについて何もない部屋で休んでいると、
ドアをノックする音が。

引っ越し屋じゃなさそうだし、いぶかってドアの覗き穴からみると
なんと、廊下一杯ぎっしりと子供がいて、こっちを見てる。
うわっと思って、部屋に戻ると何もなかった部屋一面になぜか新聞紙が敷き詰められている。
もう大歓迎モードww

ま、一番怖いのはそこに平然と住み続けた板野氏の度胸。
夜中には季節外れの風鈴の音が部屋の周りをぐるぐると回り続けたりするらしいし。

114 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/10(木) 13:30:20 ID:
>>112
それ座敷わらしじゃないの?

116 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/20(日) 06:17:34 ID:
>112の話、懐かしい、昔きいたなあ。風鈴のは、確かマンションの3階とか、割と高いフロアでの話じゃなかったっけか?
で、部屋の外をぐるぐる音が回ってて、一緒にいたのは確かM氏・・・
朝まで二人で気を張って過ごしたとか・・・怖いよなあ。

117 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/20(日) 11:06:28 ID:
むかし、某ラジオドラマで怪談話をしているシーンの音完パケの6mmテープ
再生したらすすり泣きの声が入っていたのが有った。
スタジオに問い合わせたら
「あ、前の消去しそこねたかも」
と言われたが、そもそもマスターテープなのに
やりくりテープ使われる事ってあるのだろうかと当時は思わなかった事にふと気づく

118 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/20(日) 11:10:21 ID:
音響関連でもう一つ

かなり昔。
学校の怪談だか、七不思議だかタイトルは忘れたが
怪談系のアニメのアフレコ最中に、スタジオ内の照明がいきなり飛んで
真っ暗になった
悲鳴を上げて声優達が飛び出したのを覚えてる
確か、三石琴乃さんがいた

ま、>>117含めどちらも同じ大久保に有るスタジオの話だが

121 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/20(日) 17:42:59 ID:
作画のSさんから聞いた話。
彼の家の近所には知恵遅れの人が住んでてしばしば奇行を見せる。

ある夜、友人たちと部屋で飲みながら談笑してると、窓側を向いて座っていた一人が
真っ青になって窓を指さす。
何事かと思って振り返ると開けっ放しの窓の向こう、高さ1.5m程の塀の上を
その知恵遅れの男が、四つん這いでのろのろと移動してながらこっちを向いて
にたにた笑っている。

S氏は慣れた物で、「ああ」と一言いうなり窓とカーテンを閉めてしまう。
「最近ちょっと酷くなってきてるんだ」

しばらく彼は塀の上を徘徊し続けていたが、突如、どしゃんっと妙に大きい、何か潰れたような音がして、
続いて、けたたましい笑い声、どうやら塀から落ちてしまったらしい。
苦笑いしながら、そっと開けた窓の隙間から覗くと、塀の上に男が顔を出してこっちを向いて笑っている。

S氏、げっと声を上げて窓を閉めてしまうが、街の明かりに照らされて男の頭が塀の向こうをぴょこぴょこ
移動してるのがわかる。「困ったもんだ」と友人たちと小声で笑い合って飲み続ける。

日も昇り、朝食に出掛けようと、外に出るS氏たち、塀の方を見て「あっ」と声を上げて立ちすくむ。
塀の向こうは4mほどの急な崖、そして国道、塀の裏に人が歩けるスペースなんかないことを思い出す。

以後、その知恵遅れの男に会うことはなかったそうだ。

122 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/20(日) 18:00:39 ID:
うわ、これも怖いな・・・結局、その知恵おくれの男って、塀から落ちて死んでしまったって事か?
夏らしく、このスレも活気が出て来たなあ

126 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/20(日) 21:34:34 ID:
深夜一人で仕事してる時とか音漏れ気にしないでいいから、イヤホンで爆音で聞いてて上がり回収に来た他社の制作とかに肩叩かれると…結構ビビるよね…。

127 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/21(月) 00:29:34 ID:
>>126
アミーゴよw

128 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/21(月) 00:55:44 ID:
今の会社のビルやばいかなぁ~
なんか深夜になると音するんだよね~
あと机に向かって仕事してると目の端にちらっとなにか横切るんだよな…
大抵一人の時が多いね…
でもね、実は今のビルに移る前の場所の方がもっとやばかったよ
徹夜で仕事してる時に机に腕をついてたんだがいきなり何かに腕捕まれて身体ごとひっぱられたことがあったんだよ…そん時は自分以外誰もいないし周り見渡してもなんもないから気を取り直して仕事を続けようと机に向かった時に脇の下から子供の顔が覗いてたんだ…
怖かったけどね…仕事中だから邪魔しないでね?っていったらでてこなくなったよ(笑)
まあアニメ会社にはよくある話ですよ

132 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/21(月) 06:57:16 ID:
朝起きて何となくベッドの方を見たら、今さっきまで自分の首付近が横たわっていたであろう場所に半分潰れた感じのゴキブリがうごめいてた。

朝起きたら隣に見知らぬ女の子が…みたいな妄想話ネタはありふれてるが…。

現実はこんなんだからな。

133 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/21(月) 10:10:42 ID:
>>132
その話が一番怖い…

136 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/21(月) 16:30:18 ID:
進行車の話
8月に入って急なコンテ変更が続き、あおりを食ったN子さんが深夜までの作業になってしまった。
彼女は主力作監だったので、どうしてもこういった事は多い。

ここは当然進行が車で送るべきなのだが、彼女は頑として進行車には乗らない。
いつものように、「二駅ですから自転車で帰れます」、といって帰途についた。
が、ものの10分も経たないうちに青い顔で戻ってきて、「車お願いします」とぽつりといった。
N子さんはアイドル声優との対談でも、カメラマンが彼女ばかり撮るといった美女っぷりで、
すわ痴漢か?と、いいとこ見せたい野郎共が色めきだつ、が、彼女は何も答えず、急いで欲しい、とだけ告げて外へ。
「お前行ってこい」と社長に言われ、喜び勇んでキーをひっつかみ彼女のあとへ続く。
ちなみに私の隣に座りたがる女性は少ない。もちろん彼女も後部座席にさっさと乗り込む。

広い交差点へ出てすぐ、あろうことか、街灯の下にランドセルを背負った少女を見つけてしまった。
--夏休みの午前2時に。
もしかして、これか?と思ってルームミラーに彼女を確かめると、
あそこで止めて下さい、と仰る。
真顔で。
絶対に嫌、絶対に嫌なのだが、真顔の彼女には社長だって逆らえない、
前だけ見つめて、車を止める。
と、何を思ったかN子さん、なんと、後ろから手を伸ばして助手席のドアを開放してしまう。
やめてぇ、と叫ぶまもなく扉は全開、ランドセル少女の顔が視野の隅でとんでもない大きさになったような気がした。
至近に人の気配が寄り添って来る、良い匂いがしてふと、横を見てしまう。
いつのまにか外を廻ってN子さんが助手席に来ていた。

「もういいですよ、出して下さい」、大急ぎで車を出す。
「待ち合わせ、ずっとずれてたみたいなんです」そういって彼女は笑った。
「誰とですか?」
「いつも助手席にいた男の子」
そういって彼女はまた嬉しそうに笑った。

はい?・・・ずっと?この車の助手席に?誰か?居たですか?そう質問しようと思ったが止めておいた。
ええ、知らなくて結構です、街灯の下が大きく抉れていた理由も聞きたくないです。

137 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/07/21(月) 16:54:26 ID:
>>136
ナチュラルに怖ぇ……

148 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/08/10(日) 15:48:57 ID:
進行箱

作画あがりをまとめて運搬するために透明の大きなプラケースや衣裳ケースをよく使う。
うちでは進行箱と呼んでいるが、ある晩作品が幾つも重なった結果、その進行箱が足りなくなってしまった。
山盛りのカット袋を素のまま運搬したのでは紛失や汚損の原因になってしまうので困り果てていると、
進行の一人が気を利かせてゴミ捨て場から2つ拾ってきた。
少しばかり黄ばんでいるが、問題はなさそうなので有り難くいただいてその晩は乗り切った。
翌日、撮影から連絡があってヘリに薄く赤い印のついた作画袋はリテーク分か何かか?と問い合わせが入った。

そんな分類法は使っていない。、多分ただの汚れでしょう、そのまま進めて下さいと返事して
多分あの拾ってきた進行箱だな、と見当を付けてぬれタオルを手にそのケースに向かう。
昼の光のなかでみると黄ばみがかなりひどいが作画袋を汚すような赤い汚れは見あたらない。
ざっと内側を一撫ですると、タオルがドス赤くなった。黄ばみじゃない、血?で着色してる?
雑巾からも何か生臭い匂いがする。
横で見てた女のアニメーターが悲鳴を上げてスタジオは騒然となった。
もちろん大慌てで警察へ届けた。ゴミを勝手に持っていくのは違法だと知ったのもその時だ。
僕も進行も呼び出されて、取り調べも何度か受けた。

半月ほどして、人の血ではない、恐らく犬だろうと教えてくれて、結局放免してもらえたが、
そこでまたスタジオがパニックになってしまった。
ここしばらく深夜に何匹もの子犬の声が聞こえていたらしい。
女の子数人が、心配してスタジオ中探し回ったが見つからないまま鳴き声は途絶えたそうだ。
ちょうど僕が最後に警察へ出向いた辺りのことだ。

その後も色々あったらしいが、僕は家の都合もあってすぐにそこを退職したので詳しいことは知らない。

ただ翌年、その会社から裏面一面が真っ赤な暑中見舞いが届いた。
印刷された文面は「見つけました!社員一同」とだけあった。
もちろん、仕事への情熱を表現したものだろうが、それだけとは思えない狂気も匂ってくるような気がして、
すぐに焼いて捨てた。

149 名前:名無しさん名無しさん 投稿日:2008/08/14(木) 08:20:20 ID:
怖いわ
真っ赤な葉書が
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
12/04|恐怖/不安コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2013/04/23 16:41 *  * [Edit] *  top↑
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。