最新の記事
最新のトラックバック
最新のコメント
    FUJICOLORプリントおとどけ便
ブログ検索
おすすめDVD
test
おすすめコミック
test
おすすめノベル
test
プロフィール

なめこマッハ

Author:なめこマッハ
二匹の黒猫と共に、ほぼ毎日頑張って更新中しています。
当サイトはリンクフリーです。相互リンク募集中です。
teller.of.the.terror■gmail.com
■を@に。


当ブログの『テラーオブザテラー』ですが、12~13年ごろ前にFM福井にて23:50分くらいに放送されていた5分間のラジオドラマから取っています。
(うろ覚えなのでタイトルが正しいかわかりませんが…)

自分が録っていたテープも紛失してしまったし、ネット上でもまったく情報を見ないのでほんとにあったかどうかもわからないのですが、もし『私知ってる!』という方がいれば連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
クリックしてね!(^∞^)

FC2ブログランキング 人気ブログランキング バナー 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
リンクバナー
バナーはこちらをどうぞ。

バナー

track feed
ページランクチェックツール
おすすめブック
test
2chnaviランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
■引用:オカルト超常現象@2ch掲示板

1 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/07/22(土) 01:50:35 ID: m9evsKdu0 Be:
猫の呪いと思わしき事象があればドゾ

10 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/07/22(土) 13:18:29 ID: tvV+MMObO Be:
道端に首から血を噴き出してる猫がねころんでた
助けたかったけど制服(高校の)が汚れるのが嫌だったので素通りした
今では反省している

たまに目の前で猫が死ぬ夢を見る



12 Name: 野良プー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/07/22(土) 13:57:29 ID: XTJJYpJyO Be:
毎朝黒猫が目の前を横切る。

あの事件以来。


19 Name: 野良ぷー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/07/28(金) 21:08:56 ID: E++mKY5dO Be:
私は嬉しい、あの事に就いて語ることができるのが。
だが貴殿方の身に降りかかる運命を想えば


今夜、あの事件について書き込ませて頂きますが、総て自己責任でお読み下さい。


21 Name: 野良ぷー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/07/30(日) 00:24:20 ID: 5kyCGPh20 Be:
散々引っ張ってスマン。

あの事件とは…



2ヶ月の仔猫拾ったw
名前はマメクロ、好きな場所ははパソコンのキーボードの上。
おかげでネットにつなげない。
その内写真Upします。


23 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/07/31(月) 23:33:15 ID: UcleCjJM0 Be:
おお、これはまさしく仔ぬこの呪い
>21はこの仔ぬこに憑かれ人生の全てを吸い取られることとなろう


33 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/09(水) 12:08:51 ID: dUrxL5iuO Be:
昨日さ、うちのぬこが母親の足にいきなりダッシュして噛み付いたのよ
いつもは怒らないし噛まないしの温厚な奴なのに
尻尾踏んだり嫌がらせした訳でなく、足に虫とかが付いてた訳でもない
ホントいきなり「ニギャー」って声上げて噛み付いて行った。
正直恐かった


35 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/10(木) 16:23:26 ID: 8KrC9cG50 Be:
>>33
かあちゃんの足に悪霊が宿ろうとしていた。追い出してくれた猫は神。


50 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/16(水) 00:59:16 ID: OqSjA1Q0O Be:
うちの祖母の話

昔、うちで猫が子供を産んだ。これ以上は飼えないと思った祖母は、可哀想と思いつつも、子猫を生きたまま紙袋に入れて川に流した。
その夜祖母はこんな夢を見た。
祖母は祖父と薄暗い竹藪を歩いている。気味が悪いと思いながら歩いていると、祖母は足を滑らせて坂を転げ落ちてしまう。
落ちた場所を見回すとそこは墓地だった。
祖母は恐ろしくなり、坂の上の祖父に助けを求めるが、どんなに大声を出しても祖父は気付いてくれない。
そんな夢だったそうだ。


オチっぽいオチはないが、本人は「可哀想なことをした」と本気で後悔してた。


59 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/17(木) 22:44:50 ID: b+ubkmCE0 Be:
幼稚園のころ、ころんでひっかき傷つくって泣いてたら同じクラスの女の子に絆創膏をもらったんだ。
金属の箱に入ったヤツ。5枚ぐらいあった。「全部あげる。無駄使いしちゃだめよ」って。
家に帰っておふくろに「絆創膏?ケガしたの?」って言われたんで剥がしてみせた。
ケガなんてどこにもなくなってる。不思議だったけど絆創膏のパワーだと信じた。

何日かして朝御飯のとき自分のお気に入りの茶碗にヒビが入ってるのを発見。
ガキの浅知恵だよね。ヒビに絆創膏はってみたんだ。
・・・・・・夕飯のときにはがしたら直ってた。
手押し車にアヒルがついてるおもちゃ。アヒルの首が取れちゃったんだけど
絆創膏はっておいたらやっぱり直った。

大切に使わなきゃ、とさすがに事の重大さに気づいた矢先、うちの猫のヤーヤが車にひかれた。
残ってた絆創膏全部はって、毛布をかけて幼稚園休んで看病した。
泣き疲れて寝ちゃったんだよね。ヤーヤに顔をなめられて目を覚ました。
治ってたんだ。傷なんか痕すら残ってない。明日幼稚園いったらミヤちゃんにお礼言わなきゃ。
「絆創膏くれてありがとう」って。

幼稚園行って気づいた。ミヤちゃんなんて女の子はいない。
絆創膏をもらった時以外に彼女をみたことなんてなかった。
なのに僕は彼女をみたときミヤちゃんだとなぜだか思った。

そういえばヤーヤを産んですぐに死んでしまった母猫もミヤだった。


74 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/18(金) 17:37:00 ID: dSpv/r4EO Be:
何年か前の事。
ぬこちゃん達の里親探しをしてる人達を見かけて話を聞いてみると…

何やら飼い主が餌もろくに与えず、しまいには家に取り残したまま姿をくらましたとの事。

可愛そうには思うが、うちではぬこちゃん飼えない為、募金だけしていきました。

数週間後、またその人達がいたので話しかけてみたら、その飼い主さんは家が火事になり酷い亡くなり方をしたと言ってました。

まさにぬこちゃんの逆襲だったのではないでしょうか。


82 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/18(金) 19:09:25 ID: VaKkJv/X0 Be:
しっぽが二本になったらガチ


83 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/18(金) 22:25:21 ID: RuYsMtih0 Be:
三味線は今でもネコの毛皮使ってる


88 Name: まん☆こん ◆upRWOd1qeE [] Date: 2006/08/18(金) 22:49:37 ID: PGUH3ev00 Be:
私の祖母が亡くなる数日前に私に話してくれた話。

ある日、祖母が今流行のフユソナをDVDで鑑賞していた時のこと。
耳の遠い祖母はテレビのボリュウムをかなり大きくしていたそうです。

すると、それまで祖母のお気に入りのロッキンチェアで寝ていた猫の「めちぇ」が、
やおら起き出すと、部屋を出て行こうとしたそうです。

祖母の部屋は和室で、障子は閉まっていました。
めちぇは二本足で立つと、器用に前足で障子を開け、「うるさいんだよ」と、ハッキリと呟いて部屋を出たそうです。

その晩から祖母は寝込み、数日後には病院で人工呼吸器をつけていました。

祖母の性格からして、その話が嘘だとは思えないのです。
その日を前後して、めちぇの姿も見えません。
しかし祖母にだけは見えていたようで、病室でもしきりに「めちぇがババの胸の上に乗って
ババを殺そうとするんだ・・・」とうなされておりました。


91 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/08/19(土) 08:51:44 ID: siVwcGWH0 Be:
1 :本当にあった怖い名無し :2005/09/10(土) 11:46:37 ID:KfToaPhLO
未解決事件のスレで見つけました。



745 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2005/08/29(月) 23:19:41ID:aj0Knk6D0
かれこれ10年近く前になるでしょうか?
今でも頭に染みついている事件が離れません。
真実をしたところでなんら私生活には支障がないのですが・・・。
記憶では山形だったと思います。

小学4年生の女児と鍼灸院(?)を営む母親と二人暮らしだった家庭で起きた悲劇は

「窓から飛び込んできた黒いネコがお母さんを包丁で刺し殺した」という女児の証言を最後にパタリとマスコミからその事件は消えました。

犯人は誰だったのだろうと思い、翌日のニュースや新聞、しばらくおいてからの週刊誌ゴシップなども気になって気にはしていても、ものの見事に何事もなかったようにその事件に関しては静まりかえっていたのです。
未解決事件スレで訊く事ではないのですが、私の中では未だに未解決なんです。
ここまで言えばどなたでも察するように、要するにこの女児が犯人だったのでは?と思うのも当然で、加害者が身内で未成年だからとある組織が動いたのでしょう。
この事件の顛末をご存知の方はいらっしゃいますか?
2ちゃん的に「近所です!」なんて大歓迎です。
昔似たような怖い話を見たのでとても気になります。

この事件についての詳細ご存知の方いらっしゃいませんか?

,:*:・'☆,・:*: 未解決事件28,・:*:・゜☆,:*:
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1119771691/


お母さんは猫に・・・
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1126320397/



140 Name: 野良ぷー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/09/03(日) 03:58:25 ID: 107p7YSo0 Be:
391 本当にあった怖い名無し sage 2005/10/18(火) 22:32:33 ID:NY7xhTiD0
オレがまだ学生だった時、知り合いが海外に転勤するので、今飼っている
シャムネコの引き取ってくれと頼まれた。両親は反対してたけどオレが面
倒みるからって事で何とか飼う事に同意してもらった。

雄だったって事もあるんだろうけど、異常にデカくて体重測ったら10kg
もあってちょっとビックリ! それでも太っている訳じゃなくて、逆にス
ラっとしててカッコイイ感じのするネコだった。(今だにこんな体型のネ
コには御目にかかった事がない)

最初は警戒心が強くて全然近寄っても来なかったんだけど、1週間位経っ
てから序々に慣れ始めて、さらに数週間後にはオレの布団に入ってきてい
っしょに寝るまでに仲良くなった。

利口で行儀も良く、妙に甘えん坊な性格だった事もあって反対していた両
親も可愛がるようになったんだけど、それから数ヵ月後に問題が発生した。
雄ネコを飼った事がある人はピンっと来たと思うけど、サカりが始まった
のをキッカケに所構わずスプレー(おしっこ)をするようになった。

その回数や場所が尋常じゃなくて、外から取り込んだ洗濯物や布団、買っ
てきたばかりの買い物袋、壁や家具等々、家の中にあるものすべてにおし
っこをかけるようになってたちまち家中おしっこ臭・・・。ペット用のオ
ムツをさせたり色々対策は練ったんだけど、ある日学校から帰るとネコが
いない。暫くすると親が帰ってきたんでネコの事を聞いてみると「知り合
いに引き取ってもらった」の一点張り。「何の相談もなしに・・・」と怒
ったんだけどスプレーの事で親もぶち切れていたし、正直仕方がないとこ
まできていたんでそれ以上追求しなかったんだけど、本当に引き取っても
らったかどうか怪しいもんだった。

それでもそんな状態で2年以上も飼っていたんで、当然の如くそのネコの
事を考えては毎日落ち込んでたんだけど、半年位経ったある日、明け方に
パっと目が覚めると金縛りになっていた。


141 Name: 野良ぷー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/09/03(日) 03:59:33 ID: 107p7YSo0 Be:

392 本当にあった怖い名無し sage 2005/10/18(火) 22:33:05 ID:NY7xhTiD0
その頃は霊感が強かったみたいで、金縛りにあったり変なものを見たり感
じたりする事は年中だったんで「あっ、またか・・・。」程度に思ってた。
でも、その時の金縛りは恐怖心が全く起きなくて「あれっ? 何だこれ?」
と思って冷静に回りを見渡して夢じゃない事を確認していると、足元の方
に陽炎みたいに黒い影がユラユラしているナニかを発見。暫く様子を見て
たら、その影がハッキリとあのネコになった。

オレの方をジーっと見てて、時折首輪に付いている鈴の音が「チリン、チ
リン」って鳴っていた。「あぁ~、オマエやっぱり捨てられたんだな? 
悪かったね。ごめんね・・・。」って何回も誤った。

どれ位時間が経ったのかわからないんだけど、そのうち「ニャ~ン」って
鳴いたと思ったらフっと身体が軽くなって金縛りが解けた。時計を見たら
明け方の5時だったけど、そのまま親の寝室に怒鳴り込みに行った。

親に今あった事を話すと、両親も「仕方がなかった」って泣いてたっけ・・・。
その後、仏壇にネコの写真を供えて線香を上げて手を合わせた。

が、その後もどうもウチにいたみたいで、友人とかが泊まりに来ると、朝
必ず「夢かも知れないけど、夜中枕元に大きな黒っぽいネコがいて怖かっ
た」って言うんだよね。


142 Name: 野良ぷー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/09/03(日) 04:00:16 ID: 107p7YSo0 Be:
393 本当にあった怖い名無し sage 2005/10/18(火) 22:34:04 ID:NY7xhTiD0
で、前振りが長くて申し訳なかったけど、本題はここから。

その後社会人になって一人暮らしを始めて、そのネコの事もたまに思い出
す位になっていた。そんなある日、仕事先の同僚が車を買ったんでドライ
ブに行こうと誘われた。時間帯が夜中だったっていう事もあって、行き先
は御決まりの心霊スポットだという。当然、オレは体質的にアレだから、
他の場所なら付き合うって事で話はまとまったんだけど、見事に騙されま
した。

もう何十メートルも先から気配でわかったんで、「オマエ、何処行こうと
してんだ!」って言ったら同僚はヘラヘラ笑いながら「ん? その霊感っ
てヤツが本当なのかなぁ~って思ってさ」とぬかしやがる。すでに全身冷
水を浴びたように冷たくなっていたんで、同僚の手を握ってやって「これ
でもか?」って言ってやったんだけど、同僚はなおもヘラヘラするばかり。
おまけに「クーラーのせいじゃないの?」だと・・・。

そうこうしているうちに、問題のその場所(有名な某トンネル)に着いて
しまい、車で三往復もしやがった。そのままウチに帰って来たんだけど、
何だか凄く疲れたんですぐに寝ようと思って部屋の明かりを消すと、何か
連れてきたっていう雰囲気っていうか空気が部屋中充満してる。

何かっていうのはハッキリとわからないんだけど、明らかに部屋の中に何
かがいるんだけど、それを祓う能力はないし、日に日に体力は落ちていく
し肩は重いしで、参ったなぁ~って思い始めたある夜、夢の中にそれが現
れた。

もう男か女かもわからない程ボロボロで、下半身がなく上半身だけでこっ
ちにズルズルと這いずって来るんだけど、逃げようとしても足が動かない。
そのうち足首を掴まれて言葉にならない何かをしゃべってくる。


143 Name: 野良ぷー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/09/03(日) 04:00:57 ID: 107p7YSo0 Be:
394 本当にあった怖い名無し sage 2005/10/18(火) 22:35:30 ID:NY7xhTiD0
こっちは恐怖で硬直して声すら出ない。膝辺りまで上ってきた時「もうダ
メだ・・・。」って思った瞬間、その霊がオレの後方をチラっと見たと思
ったら、何かに警戒するようにそのまま後ずさりして行く・・・。

「何? 何だ?」と思ってオレも後方に目をやると、あのネコがもの凄い
形相で立っていた。しかも、大きさが大型犬位あって、全身の毛が長くな
ってる。風貌こそあのネコとは全然違っていたけど、何故かすぐにあのネ
コだとわかった。

一瞬、オレの方をチラっと見て、オレの前に歩み出ると霊に向かって「フ
ゥ~~!!!」っと威嚇した次の瞬間、その霊はまるでモンクの叫びのよ
うに悲鳴を上げながら煙のように消えてしまった。

「助かった・・・」と思ってそのネコに近づこうした所でふと夜中に目が
覚めた。全身汗びっしょりで髪の毛からも汗の雫が落ちる程だった。「今
のは夢?」と自問自答してみたけど、極度の疲労感があってそのまままた
眠ってしまった。

次に起きた時はすっかり朝を迎えていたんだけど、不思議な事に昨日まで
部屋中に漂っていた嫌な空気が消えていて、その日を境に序々に体調も回
復していった。

あのネコがこんなオレを見守っていてくれていたんだと思うと感謝の気持
ちでいっぱいになった。しかもあんな霊力を身に付けていたなんて、誰か
偉い方の御付でもしているのかな? 何て言い表したら良いのかよくわか
らないんだけど、何か神々しい雰囲気がしたなぁ~。


144 Name: 野良ぷー ◆BGA9Vtmjho [] Date: 2006/09/03(日) 04:01:52 ID: 107p7YSo0 Be:
395 本当にあった怖い名無し sage 2005/10/18(火) 22:36:25 ID:NY7xhTiD0
あれから十何年か経ったけど、今でも忘れた頃に遊びに来るよ。ただ、オ
レ自身があの頃よりも霊感が衰えているとはいえ、来る時はやっぱり金縛
りになるのがツライところ。

しかも、ただでさえ重かったアイツが大型犬並みの大きさになったんで、
上に乗られると苦しいの何のって・・・。

一度、あまりに苦しかったんで、冗談まじりで「いいかげんにしてくれ!」
って思いながら御経を唱えてやったら「そんな事しても無駄だよ!」とで
も言いたげにさらに体重をかけてきた事があった。

顔の前で舌なめずりする音や呼吸音、ネコが腹ばいになった時に前足を身
体の内側に入れてる時の形とかがオレの身体に伝わってくるんであのネコ
だってすぐにわかるから恐怖心はあんまりないんだけど、唐突に金縛りに
なるのは、正直あまり気持ちの良いものではないです。

ただ、何かあった時に事態が急変して良い方向に向かう事が多いので、や
っぱり今でもオレの事を見守ってくれているんだと思う。オレの霊感が衰
えたのも、あのネコがそうしてくれたのかも知れないなぁ~。



168 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/09/14(木) 20:31:00 ID: PtJIxX0sO Be:
猫大量殺人なら家の嫁の実家。
昔から大量の猫を十年以上かけて殺してる、しかも残酷な老衰死。
百坪ほどの庭は猫の墓場になっている、埋められた猫の名前の付いた樹がその墓標。
毎年正月に遊びに行くたびに、弱った猫拉致した話し聴かされる、((((;゜Д゜)))


169 Name: 本当にあった怖い名無し [age] Date: 2006/09/15(金) 00:00:53 ID: AI8yHmdg0 Be:
そして老衰死させるために
滋養のある食事をあたえ、健康に気遣い労わるのだな
何と恐ろしい((((;゜Д゜)))


192 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/09/24(日) 11:15:54 ID: o8SjtfTi0 Be:
く、くるよ…。毎晩、台所に立つと奴らの声が聞こえるんだよぉ…。
恐る恐るドアを開けると、3つの固まりが入ってきて
訴えるんだ。「おなかすいた…」「めしよこせ…」
恐怖に震えながら、魚をミンチにして乾燥させた固まりをやると、
今度は逃げられないよう足下に絡みついて、爪を立て、噛み付いてくるんだ。

やめさせようと手をかざすと、後足で立って
前足で手に殴りかかるんだ。
いつの間にか、部屋の奥に入り込んでいる時もある。
しばらく部屋を蹂躙して、奴らは出て行く。
でも、毎日毎日来るんだ。今日も、きっと明日も…。
だ、誰か助けて!!


193 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/09/24(日) 12:38:14 ID: PE+IxLRR0 Be:
>>192
就寝中に息苦しくなり、目を開けると胸の上に乗られていた事は無いか?
もしそうならば、手遅れだ。いかなるお祓いも通用しない(-人-)


204 Name: 192 [] Date: 2006/09/30(土) 13:27:18 ID: 1+Zdczf80 Be:
休みの日には真っ昼間から出てくるように。
出かけようとすると、どこからともなく現れ、
ゴロゴロと不気味な音を立てながら、逃がすまいと足下をぐるぐると…。
何故俺が出かけるのが分かるんだ?
ずっと俺を見張ってんだな?そうなんだろう?
今この瞬間にも、あの光る目が俺を見てるぅ~!!



  ∧,,∧    ∧,,∧   ∧,,▲    
  (,,・∀・)   ミ,,・∀・ミ   (;;・∀・)  みてるニャ。あそんでニャ。
~(_u,uノ @ミ_u,,uミ @(;;;;uuノ 


205 Name: 本当にあった怖い名無し [] Date: 2006/09/30(土) 19:18:48 ID: V7e+E7AU0 Be:
>>204よ、あきらめよ、その呪いは解けることはない
汝は未来永劫呪われるであろう

  ∧,,∧    ∧,,∧   ∧,,▲    
  (,,・∀・)   ミ,,・∀・ミ   (;;・∀・)  ずっと一緒ニャ。離れないニャ。
~(_u,uノ @ミ_u,,uミ @(;;;;uuノ 


うちのばっちゃに『猫なんか飼うと祟られるぞ!』とずっと言われていたので犬派だったのですが、夏くらいから気が緩んだせいか猫に呪われてしまいました。

この呪いは、ほんと恐ろしい…(*´Д`)ハァハァ
スポンサーサイト



面白かったらクリックしてね!(^∞^)
FC2ブログランキング   人気ブログランキング バナー   人気ブログランキング【ブログの殿堂】     ミステリーサーチ   くつろぐ   にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ   にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・古代史へ   ランキュー     「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!   ブログランキング  
12/14|フォークロア/都市伝説コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
この記事にコメント
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:

Pass:
Others:
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。